哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今冬一の冷え込み


昨夜から雪がちらついてたが、今日も朝から冷たい風と共に一日中ちらちら。
手袋をして作業をしていても、手が凍えるほど冷たかった。
どうも今冬一番の寒気が来ているらしい。 ストーブを点けていても部屋の温度は5度。
電気マットとコタツは欠かせない。電気代も上がるし、懐厳し冬が続く。
今月もあと二週間。3月からは開館である。
まだやらねばならない作業がかなり残っている。気合で頑張ることにしよう。

エントランスの模様替え。自転車をペイントしてオブジェに。
c0156104_21175568.jpg


廃棄ミシンを花壇に。
c0156104_21185971.jpg

# by lampnosizuku | 2008-02-13 21:20 | garden

寒風にもめげず


今朝も小雪がちらついた。 風は冷たく手がかじかむが、作業が溜まっている。
スタッフのYさんが手伝いに来てくれたので、一気に進める。
通路の敷板が腐ってきたので、レンガに換えることにした。
ホームセンターで、不良品のレンガを半額セールしていたので、数日前に買っておいた。
c0156104_23573746.jpg

今回はセメントではなく、砂と消石灰と粗塩を混ぜたものを目地に使う。
c0156104_23575991.jpg

午後はエントランスの柵作り、剥がした木製の板を廃材利用して造った。
c0156104_011589.jpg
# by lampnosizuku | 2008-02-06 00:03 | daily

メンテ作業の日々


何度目の積雪だろう? 今朝起きたら10センチ余りの積雪である。
しかし、例年は3月に降るベタ雪であった。 
春はもうそこまでやって来ているのであろうか。
マフィー君は、雪にもめげず散歩に出かける。
c0156104_141222100.jpg


昨日の晴れ間を利用して、カフェ入口のたたきをメンテする。
セメントを捏ねる作業は、やはり腰に響く。 今日は腰痛で休息日。
c0156104_1416477.jpg
c0156104_14165157.jpg


エントランスの垣根作り。 
c0156104_14182510.jpg

# by lampnosizuku | 2008-02-03 14:19 | daily

少し暖かくなったので


今日は風も穏やかで、少し暖かった。 
陽が沈むのも遅くなってきたようだ。 夕方の5時でもまだ明るさがある。
季節は春を招き入れているようだ。 寒の戻りに凍えていた梅の実も、赤味を増している。
休館の二ヶ月を利用して、建物やガーデンのメンテナンスをしているが、
湿気の多い場所のせいか、思いの他、傷みの程度が激しい。
ペンキを塗り直したり、腐った所を補強したりと忙しい毎日が続く。

今日は、エントランスの柵を延長する作業であった。
杭はホームセンターで購入するも、杉板まで買う余裕はなかった。
自宅の壁に貼り付けてあった杉板を数枚剥がして充てることにした。
ステインはバイト先で余ったものを拝借した。 とりあえず4時間で仕上がった。
あとは粗大ゴミ場で拾ってきた、大八車の車輪をつけて完成である。

c0156104_21453063.jpg
c0156104_21454435.jpg

# by lampnosizuku | 2008-01-31 21:46 | garden

降った雪がすぐ凍る寒さ


一昨日からこの冬一番の冷たい風が吹いている。
昨日も雪がちらついていたが、今日は朝から降ったり止んだり。
しかし、夕方から急に強い風に乗って雪が横殴りに降り出した。
風はとても冷たく強い。 おまけに急に冷え込んだので、雪が降ったはなから凍ってゆく。
7時過ぎには、道路が凍ってしまったので、予定していた外出を諦めざるをえなかった。
北の国では、猛吹雪らしいが、ここは北と南の丁度境目辺りである。
どちらかというと、北のイメージに近いかも。

ガーデンの樹木や花たちは、早めの春を準備していたのに、きっと驚いているであろう。
いま部屋の温度は、7度である。 
石油ストーブを焚いているが、屋根がトタンで鉄骨の家では、余り効果がない。
ストーブを二つ焚きたいところだが、こんなに灯油が高くては我慢するしかない。
電気もガスも上がるし、厳しい冬が過ぎても、厳しい生活が待っている。
だが、うれしい春がもうすぐやってくると思えば、この寒さも厚着で乗り切ることができる。

二日ばかり元気がなかったマフィー君も、すっかり回復して、
今日も雪の中を森に散歩に出かけた。 
この猫は暑がりなのか寒がりなのか、ときどき分からなくなるほど好奇心が旺盛である。
# by lampnosizuku | 2008-01-24 23:48 | daily