哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

c0156104_21561632.jpg

この夏も、冷夏のまま終わるのかと思っていたが
この数日、まるで帳尻を合わせるかのような猛暑が襲来している。

この極端な変動は、初老の身の草抜太郎君にはかなりきつい。
午前の庭仕事も30分で汗だく、1時間半で切り上げざるを得ない。

水分と海塩を補給して、昼寝で体力の回復を図る日々である。
赤とんぼが飛んで虫たちも鳴いているのに、どうやら残暑は長引きそうである。

18日まで、毎日のように雷雨が続いていたが
19日・20日と晴れ、21日は再び雷雨であった。

そんな中、20日に、哲学舎スタッフのYさんが主宰する名古屋の「造形クラブねっこ」が
今年もここでデイキャンプを行った。 晴天に恵まれ幸運であった。

僕もいろいろお手伝いをさせていただいた。
子どもたちのパワーのおかげで、少し若返ったかもしれないと喜んでいたが
その後数日間は、身体のあちこちが・・・。

日帰りキャンプのスケジュールは盛り沢山であった。
10時に集合して、グループ分けやネーミング、大人は竹でインディアンのティピー作り
子どもたちは竹のお茶碗作り、ファイヤーの寸劇作り、絵手紙制作、川遊び、昼寝、オリンピックゲーム
ピザ焼き、キャンプファイヤーなど20時過ぎまでがあっという間の10時間であった。

全部の写真が撮れなかったが、雰囲気が伝われば・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


タネさんのオリエンテーションで始まる
c0156104_21565608.jpg


大人の方が夢中になって ティピー作り
c0156104_21572118.jpg

c0156104_21573976.jpg


竹のお茶碗に絵を描いて
c0156104_21575226.jpg

c0156104_21580425.jpg


ティピーも出来上がり みんなにお披露目
c0156104_21581873.jpg


ティピーができたよ!
c0156104_21583396.jpg

c0156104_21584691.jpg


車で8分の川遊び
c0156104_21593883.jpg


水深30センチ 流れ速し
c0156104_21595757.jpg


c0156104_22003288.jpg



c0156104_22004731.jpg

c0156104_22010089.jpg


スイカのおやつ
c0156104_22011665.jpg


みんなが遊んでいるうちに ピザ窯で15枚を1時間で焼く
c0156104_22013745.jpg


オリンピック対抗ゲーム
c0156104_22015615.jpg

c0156104_22021232.jpg


夕食メニューは7種類
c0156104_22024124.jpg


わいわい夕食
c0156104_22041241.jpg



キャンプファイヤー
c0156104_22044956.jpg

c0156104_22045988.jpg



赤ちゃんも参加してるよ
c0156104_22051516.jpg


各自が得意技を披露
c0156104_22053049.jpg

c0156104_22054295.jpg

c0156104_22055830.jpg

c0156104_22061415.jpg

c0156104_22062954.jpg


スットントリオの漫才
c0156104_22064878.jpg


寸劇のワンシーン
c0156104_22083062.jpg

c0156104_22084409.jpg

c0156104_22085698.jpg


キャンプファイヤー最後に「ねっこのうた」
c0156104_22092174.jpg




by lampnosizuku | 2017-08-25 22:25 | ivent
c0156104_23055200.jpg

季節はずれの台風といい、梅雨のような長雨といい
果たして夏は何処に潜んでいるのだろうか。

灼熱の太陽は、今まで2~3日あるかないかという今年の夏である。
今日は初めてといっていいほど夏の陽射しと青空が拡がった。

メンテナンスが沢山あるのに、雨ばかりで進まなかったが
やっと再開である。

刈った草を燃やしたくても、なかなか乾燥してくれない。
このまま暫く晴れてくれることを祈ろう。

今朝は赤トンボがあちこちで乱舞していた。
昨年より2週間ばかり早い気がするが、もう秋は間近である。

栗はその実を大きくしているが、早くもサル君のお出ましである。
ブルーベリーも熟した実から見事にお持ち帰りである。

今年はサル一族も多産だったようで、子ザルたちがニ十匹位いる。
可愛い顔を見ていると、好きなだけ食べていいよと・・・。

今年はプランターで網を張ってトマトを栽培していたが
やはり賢いサル君たちには敵わなかった。

あのイガイガのある栗をどうやって割るのか不思議である。
サル知恵に学ぶことも必要かな・・・。

まぁ、人間が彼らのエリアを侵食して、山に餌がないのだから
彼らを責めるわけにもいくまい。お互い様と仲良くするしかない。

今年も、ハグロトンボ君が2匹来てくれた。
美しい青の発色で秋の訪れを知らせてくれている。

c0156104_23061608.jpg

c0156104_23063371.jpg

c0156104_23065217.jpg

c0156104_23070752.jpg

c0156104_23072021.jpg

c0156104_23074002.jpg

c0156104_23081094.jpg

c0156104_23082898.jpg

c0156104_23085199.jpg

c0156104_23094868.jpg




by lampnosizuku | 2017-08-13 23:11 | daily