哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

c0156104_22130054.jpg

梅雨も明けたというのに、毎日のように雷雨が続いている。 
世界中の至るところで異常気象が発生している。

北海道が日本一の最高気温を記録したり、東北で豪雨災害が発生したり、雨の被害がかなり深刻である。
台風も近海で発生する始末、近年、日本もどうやら亜熱帯化している様相である。

ここ哲学舎も、しばらく最高気温が26度を記録しているが
夜は気温も下がり、寝苦しさからは解放されている。

まだ紫陽花が少し咲いているというのに、早くもコスモスが顔をのぞかせている。
夕方ともなれば、ヒグラシが悲しげな声で秋を誘っている。

今朝は、気の早い赤トンボがガーデンに遊びに来ていた。
日毎に陽は短くなり、秋の足音が静かに忍び寄っている。

9月に入れば、気持ちの良い秋空が拡がっているだろう。
そんな中で開催される「音の楽芸会(秋の調べ)」が近づいています。

下記のとおり開催します。ぜひご参加ください。


2017 音の楽芸会(秋の調べ)・・・あなたの伝えたいこと音に乗せて!

日時  9月10日(日) 11:00~13:00 お弁当タイムと哲学舎支援マルシェ
             13:00~17:00 楽芸会ライヴ

参加費          2000円(中高生1000円・小学生以下無料) フリードリンク+おやつ
(演奏されない方も)   ビールも出ますので飲酒される方は運転手同伴でどうぞ。

演奏はひと組2曲の予定です。

※ お弁当を持参されない方は、昼食を済ませて来てください。

エントリー・お問合せ  メッセージ・メール・コメント・090-4185-4188



by lampnosizuku | 2017-07-26 22:17
c0156104_00244969.jpg
昨日、この地方も梅雨明けであった。
それでも天候はまだ不安定であり、照りつける太陽はもう少し先か。

この数日、昼間の気温は25度前後で推移している。
ここでの25度は、名古屋辺りの35度に等しい位の暑さである。

草抜きをしていても、一時間が限度である。
初老の草抜太郎君には、厳しい夏の到来である。

ガーデンは、日毎に夏模様に色彩を変えてゆく。
まだ、陽陰で頑張っている紫陽花もいるが、モントブレチアの鮮やかさには敵わない。

クチナシの妖艶な香りが、優しい風に乗ってガーデンを横切る。
その香りに惹きつけられるように、セミたちが一斉に這い出して来た。

蝶々やトンボ、いろんな虫たちも賑やかに舞っている。
池のカエルくんたちを狙って、ヘビ君もお出ましである。

ヤマユリやギボウシも花を咲かせている。
エゴの樹は可愛い実をつけているし、ブルーベリーは色づき始めている。

カリンも実をつけているし、ヒメリンゴも沢山実を付けている。
ビワの実は、いつの間にか誰かさんのお腹に消えている。

サル君たちやシカ君たちも、大忙しである。
それに引き換え、哲学舎の猫ダヴィ君とシャガ君はノンビリと日々を過ごしている。

前半も、あと10日である。
8/1~9/12は夏休みである。

メンテナンスが沢山あるので、あまりのんびりはできそうにない。
熱中症に気をつけて、頑張ることにしよう。

c0156104_00261341.jpg



c0156104_00250749.jpg

c0156104_00253553.jpg

c0156104_00254891.jpg

c0156104_00262547.jpg

c0156104_00263805.jpg

c0156104_00264972.jpg

c0156104_00270238.jpg


c0156104_00315732.jpg



c0156104_00271679.jpg

c0156104_00291381.jpg

c0156104_00282881.jpg


c0156104_00285346.jpg

c0156104_00292324.jpg

c0156104_00293455.jpg

c0156104_00295078.jpg

c0156104_00300036.jpg





by lampnosizuku | 2017-07-21 00:33 | daily