哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧


c0156104_21264766.jpg

一昨日の土曜日、恒例となった哲学舎のX'masPartyが開かれた。
珍しく穏やかな晴天に恵まれた。

ガーデンで雑木を燃やし、焚き火をしながらみんなを待つ。
4時頃には、ほとんどの参加者が集合。
c0156104_21285075.jpg


温かい北風の中、スタッフの造形作家Yさんが、自然素材を使った正月飾りを提案。
初参加の人も5~6名いたが、温かい雰囲気に打ち解けるのは早い。
c0156104_21292877.jpg


創作が初体験の人もいたが、Yさんのアドバイスでアーティストに変身である。
型通りではないオリジナリティが表現され、それぞれに面白い出来栄えであった。
合間を見てサンタさんと記念撮影。
c0156104_21312511.jpg


5時頃から館内に移動して、パーティの始まりである。
最初は自己紹介と「もしも私がサンタなら」で一言。
c0156104_21315710.jpg


冗談で、個人的な欲望を語る人もいたが、みんなのやさしい想いを知るひと時である。
いつも思う、本当にみんながサンタさんなら世界は平和で穏やかになるのだが。


自己紹介が終わり、いよいよ宴である。
僕とYさんで、3日前からねじり鉢巻きで作った料理の数々・・・。
c0156104_2132301.jpg


最近は、お酒を飲む人が本当に少なくなったが
それでも賑やかな会話が食事と共に進んでいる。
c0156104_21325517.jpg

c0156104_21382864.jpg


みんな満腹になったところで
ドキドキライブの始まり~はじまり~!

一番手は、Yさんが名古屋で主宰している造形クラブ「ねっこ」の卒業生たちが
10年ぶりくらいに集まったので、クリスマスらしく「ジングルベル」を元気に熱唱。
c0156104_21332145.jpg


二番手は、いつも参加してくれるシフォンケーキ作りの名人Kさんのオカリナ。
今回は助っ人のHさんを同行してギター伴奏で1曲、シバヨーさんにも助っ人をお願いして合奏。
なかなか息のあった熟年パワーを見事に披露する。
c0156104_21335537.jpg


三番手は、毎回参加してくれるSさんのサズーというトルコの楽器演奏。
初めて聞く温かい音色にみんなうっとりしながら、かのイスラムを想う。
c0156104_21342174.jpg


四番手は、毎回参加のIさんのヴォーカル。
シバヨーさん、エリックさん、僕という豪華なトリオをバックにJAZZを2曲。
c0156104_21344961.jpg


五番手は、急遽参加の大垣市民Oさん。
これまた、シバヨーさん、エリックさん、僕という豪華なトリオをバックに日本の曲を2曲。
c0156104_21351184.jpg


六番手は、最近露出が増えているモモカンさんの夫婦DUO。
僕がサポートして、元ちとせの曲を2曲披露してくれた。
c0156104_21353622.jpg


ここで、前半が終了してティータイム。
Kさんのシフォンケーキとモモカンさんの差し入れしてくれたチーズケーキを堪能する。

後半の最初、七番手はチェロの迷人(?)Aさんの独奏。
定年退職してから始めたチェロも4年目、毎回腕をあげてゆく。
今回は難曲「リベルタンゴ」をスマホの伴奏で一気に弾き終える。
c0156104_21393683.jpg


八番手は、地元いなべ市の住人Sさんの弾き語り。
ちびっこの二人に共演の約束をしていたらしいが・・・。
c0156104_214002.jpg


九番手は、一宮から初参加のHさんの弾き語り。
おんさではDUOであったが、今回はソロで。 透き通る声が若さを引き立たせていた。
c0156104_2140294.jpg


十番手は、エリックさんの弾き語り。
哲学舎では、何故か普段と違う、神秘性が漂う声とギターテクでみんなを引き込んでいる。
c0156104_21405121.jpg


そして最後は、いつも協力してくれるゲストのシバヨーさん。
カンツォーネの発声が板に付いてきたのか、すばらしい声量と説得力で聴衆を魅了する。
アンコールに応えて、ホワイトクリスマスを静かに歌ってくれた。 
c0156104_21412151.jpg

c0156104_21414499.jpg

さぁ、ドキドキライブが無事に終わったところで、
いよいよサンタさんの登場である。

全員が大きな声で、「サンタが街にやって来る」を合唱して
サンタさんを呼びました。

なんでもトナカイのルドルフ君たちは24日に備えて休息中だとのこと。
裏山の向こうのフィンランド村から徒歩でやって来てくれました。
c0156104_21432830.jpg


大きな袋の中には、オチャケンの縫いぐるみが。
重かったせいか、サンタさんも疲れたかな?ご苦労様でした。
c0156104_21435724.jpg


それでも頑張って、サンタさんとのジャンケン大会が始まり始まり~。
勝った人からプレゼントを選ぶことができる。
c0156104_21443485.jpg


時価300円から1万円相当のプレゼントが並んでいるので
みんな顔で笑っていても、かなりの真剣度である。
c0156104_21453284.jpg


ジャンケンも不思議なもので、弱い人は本当に弱い。
最初で必ず負ける人が二人もいたが・・・。

何とか全員がサンタさんに勝ってプレゼントをゲットしました。
最後まで負け残ったカンさんは30回くらい連続で負けたことになる。
これだけ負ければ、来年はきっといいことずくめでしょうね。


予定時間を少しオーバーしたが、無事に予定を終了した。
最後はサンタさんを囲んで、全員で記念撮影である。
c0156104_2150337.jpg


みんなの笑顔が、本当に素敵な瞬間である。
サンタさんになった気持ちと、この笑顔を忘れないで新年を迎えてほしいと祈る。

参加できなかった人々にも、サンタさんの心のプレゼントは
きっと届けられていると信じている。

サンタさん ありがとう!

by lampnosizuku | 2015-12-21 21:48 | ivent