哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


c0156104_21332775.jpg

梅雨入りしてから、それらしく降る雨に
ガーデンの花木たちも喜んでいるようである。

沖縄では、一昨日梅雨明けとなったらしいが
ここでは、今からが本番である。

晴天続きの皐月から、雨を待ち望んでいたカエル君たちも
毎晩うれしそうに鳴いている。

ガーデンの紫陽花たちも、ひと雨ごとに蕾を膨らませてゆく。
ここでは、数種類の紫陽花が育っている。

ヤマ紫陽花が最初に花を開かせ、ガク紫陽花が続く。
タマ紫陽花は一番遅く開花するが、花の時期も長い。

雨と湿気に誘われて、スイレンが花を咲かせている。
一昨年は、シカ君にスイレンを全部食べられて花を拝めなかった。

昨年から、池に網をかけたのでシカ君も諦めたようだ。
おかげで、今年は沢山咲きそうである。

木陰では、ツツジやサツキやジャスミンが花を付けている。
植えっぱなしのクレマチスも一輪だけ花を咲かせている。

夏を先取りして、ハルシャギクが自己主張を始めている。
モントブレチアもそろそろ顔を見せそうである。

あちこちで元気なミントが、雨に打たれて香りを増している。
木陰のビヨウヤナギがキンシバイより妖艶に咲き誇っている。

夏至まで、あと10日余り。
ここでは、25度を超える日はまだないが、どうやら今年は涼しそうである。

昨年の夏は、ホタルたちがどこかへ行ってしまっていたが
今夏は、うれしいことに、あちこちで光ってくれる。

涼しい風に吹かれながら、ホタルたちの妖艶なダンスを鑑賞できるのも
田舎暮らしの贅沢の一つである。

c0156104_2134367.jpg

c0156104_21341629.jpg
c0156104_21342974.jpg
c0156104_21344271.jpg
c0156104_21345721.jpg
c0156104_21351740.jpg
c0156104_21353496.jpg
c0156104_21354932.jpg
c0156104_21361147.jpg
c0156104_21363040.jpg
c0156104_21364422.jpg
c0156104_2137527.jpg
c0156104_21373392.jpg
c0156104_2137535.jpg
c0156104_2138623.jpg
c0156104_21382287.jpg

by lampnosizuku | 2015-06-12 21:41 | daily