哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2015年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

鶯も鳴いて・・・春薫る


c0156104_12165985.jpg

山にはまだ雪が残っているが
やっと、水ぬるむ頃となったようだ。

季節の変わり目を知らせる春の雨が
一日おきにやって来ている。

ひと雨ごとに芽吹く草木たちを見ていると
いのちの力強さを教えられる。

人間も、本来は自然の中では力強い存在であるはずなのだが
自然と遊離した現代のような環境の中では、生命力も衰退してしまったようだ。

春の到来を、いち早く察してか
今朝、鶯がガーデンに来て美しい初鳴きを披露してくれた。

蝶々も姿を見せてくれたし、虫たちもそろそろ這い出して来そうである。
もちろん、シカ君やサル君は元気そのものである。

シカ君の一家は、確認できるだけで5匹だが
すぐ横の森に住んでいて、毎日のようにお出かけになる。

ガーデンのスイセンはほぼ食べられてしまったので
賑やかな春先のガーデンもいつもと様子が違って見える。

昨年は、アジサイの若芽もシカ君に食べられてしまったので
今年は、何とか対策をとあれこれ考えて、ネットで調べているが・・・。

シカ君にも好き嫌いはあるだろうから
いろんな匂いを試してみるしかないであろう。

暖かさに反応して、梅が咲き始めている。
ミズキも透き通るような色合いで咲き始めている。

ボケも赤い蕾を膨らませているし
アセビは沢山の花をたわわに付けている。

わずかに残っているふきのとうは、不思議な花を咲かせている。
イバラたちも新芽を沢山出し始めている。

クリスマスローズも、あちこちでうれしそうに咲いている。
今日の雨を喜んでいる花木たちが、明日はどんな世界を見せてくれるのだろうか。

c0156104_12174913.jpg

c0156104_12181176.jpg
c0156104_12183883.jpg
c0156104_1219098.jpg
c0156104_12192963.jpg
c0156104_1220388.jpg
c0156104_12202667.jpg
c0156104_12205048.jpg
c0156104_12211717.jpg
c0156104_12213733.jpg
c0156104_122201.jpg
c0156104_12222392.jpg
c0156104_12224413.jpg
c0156104_12232171.jpg
c0156104_12235355.jpg
c0156104_12243075.jpg
c0156104_12252729.jpg

by lampnosizuku | 2015-03-19 12:26 | daily

c0156104_15565226.jpg

この数日、温かい陽射しが春を実感させていたが
昨日からやって来た冬のなごりたちが、まだだよと云わんばかりに荒れた。

降り続いた雪は、この時期には珍しく10センチも積った。
膨らんでいた梅たちの木の芽も、じっと耐えているようだ。

全国的に荒れた今日は、くしくも11日である。 
忘れかけている多くの人々に、あの震災を思い出せと云わんばかりである。

しかし、今年は年頭から、未来を暗示するようないやな事件が続く。
そして、今の社会の裏面を否応なく見せつけられる。

残念ながら、マスコミは本当の事を隠ぺいするようになってきたし
ジャーナリズムは飯の種にはならなくなって来たようである。

自称ジャーナリストは増えて来たが
体を張って真実を追い求める勇志たちは少なくなってしまった。

ネットのおかげで、惑わされず注意深く探せば、たどり着ける真実や事実もある。
しかし、今の世の雰囲気とネットの規制が進めば、大衆はマスコミの扇動に翻弄されるであろう。

世界を見渡しても、70年間も軍隊としての戦争をしなかった国はまれである。
平和のどこがいけないのか、平和に飽きた好戦的な輩たちにいっても無駄であろうか。

人間は愚を繰り返す情けない存在であることは、歴史が実証している。
憎しみの連鎖が断ち切れないのも、人間ゆえなのか。

先日、ある新聞で初めて「日本の軍需産業」という言葉が使われていた。
驚きと共に、やはり来たかという印象である。 

・・・・・・・

温かな陽射しを受けて、咲き始めていた花たちも
今日は雪の重みに耐えている。

c0156104_15573964.jpg
c0156104_1558470.jpg
c0156104_15582619.jpg
c0156104_15585849.jpg
c0156104_15591929.jpg
c0156104_15593926.jpg
c0156104_160146.jpg
c0156104_1604118.jpg
c0156104_161471.jpg
c0156104_1613877.jpg
c0156104_1621275.jpg
c0156104_1623531.jpg

by lampnosizuku | 2015-03-11 16:02 | daily

初春の仕事始め


c0156104_2347921.jpg

大変だった冬休み中のメンテナンス作業もほぼ終わり
いよいよ今日から2015仕事始めである。

三寒四温はまだまだ先の気配。
今は三寒一温というところである。

藤原岳の雪化粧は、まだその美しさをかろうじて保っているが
日ごとに褪せてゆくのが分かるようになって来た。

春の足音は、確かに大きくなって来ている。
だが、朝晩の冷え込みは冬健在というところか。

ガーデンでは、スノードロップが種づくりを始めている横で
クリスマスローズたちが、いろんな変化を見せ始めている。

一昨年、横山園芸さんから頂いた数種類の珍しい品種も
少し大きく育って、美しい花を咲かせ始めている。

スイセンは、例年より少ない気がするが
その美しさは春を呼びこんでいる。

ネコ君たちも、春を感じてるのか
ガーデンで元気よく駆け回るようになって来た。

ヒヨドリ君や山鳥君たちも元気に飛び回っている。
今年は、サル君の家族がずいぶん増えて来ている気がする。

シカ君の家族も深夜には、ガーデンに遊びに来ている様子。
アジサイの若葉を狙っているので、今年は対策を講じなければならないだろう。

桃の節句を迎えても、梅の実はまだまだ固い。
やっと雪は雨に変わっている。

木の芽起こしの雨が続けば
ガーデンの木々が一斉に新芽を伸ばし、若葉が美しくなる春の到来である。
c0156104_2348580.jpg

c0156104_23482779.jpg
c0156104_23485277.jpg
c0156104_2349189.jpg
c0156104_23494418.jpg
c0156104_2350863.jpg
c0156104_23503184.jpg
c0156104_23505970.jpg

c0156104_23544521.jpg

c0156104_23515735.jpg
c0156104_23521945.jpg
c0156104_23524313.jpg
c0156104_2353930.jpg

by lampnosizuku | 2015-03-04 23:37 | daily