哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


c0156104_2323355.jpg

沖縄の梅雨が明けたというのに
ここでは梅雨らしい雨がほとんど降っていない。

一週間にお湿りはたったの一度である。
九州あたりでは豪雨が続いているのに、どうしたことか。

このままでは、空梅雨になりそうである。
川の水量もかなり減っている。

ガーデンや鉢植えの水遣りも、雨が降らない分大変である。
水道代も気にかかる。

オジャマ草だけは、関係なく元気一杯である。
朝晩は涼しいので助かるが、草抜太郎君は早くも夏バテの様相である。

元気なのは、サル君やシカ君たち。
毎晩のようにガーデンにやって来ては、何か食べてゆく。

ビワも沢山成っていたが、僕が味見する前に
一晩で全部食べられてしまった。ひとつくらい食べたかったが致し方ない。

ブルーベリーも一杯実をつけているが、どうなる事やら。
柿や栗やカリンも実をつけ始めたが、眺めるだけで終わるかもしれない・・・。

\\\\\\\\

ガーデンでは、アジサイが満開になりつつある。
背丈が3mになったものもあるし、花の大きさが20センチのものもある。

シモツケがかわいらしい花を沢山つけているし
トラノオも日陰で風に揺れている。

クチナシが妖しい香りを風に乗せて
ガーデンを包んでいる。

八重のクチナシに交じって、一重のクチナシが咲いている。
見てるとなんだか不思議な感覚にとらわれる。

ネコ君たちも、涼しいせいか毎日ガーデンでトカゲ君を追い回して遊んでいる。
もう少し招き猫をやってくれたらと思うが・・・。

c0156104_23232679.jpg
c0156104_2323485.jpg
c0156104_2324120.jpg
c0156104_23241775.jpg
c0156104_23243475.jpg
c0156104_23244787.jpg
c0156104_2325553.jpg
c0156104_23252085.jpg
c0156104_2325409.jpg

by lampnosizuku | 2014-06-27 23:25 | daily

梅雨はいずこへ?


c0156104_21142633.jpg

梅雨の中休みが続いている。
この二週間で、雨が降ったのはたったの二回。少量である。

湿度があまり高くないので過ごしやすいが
田んぼの稲たちの傍らで、お百姓さんたちは気を揉んでいる。

ガーデンの水やりも、水量が増えているので水道代が気にかかる。
もう少し降ってくれないと花たちもかわいそうである。

ヤマアジサイは満開になっているが、その他のアジサイたちは
やっと色づき始めてきたところである。

哲学舎のナチュラルガーデンには、5~6種類くらいのアジサイがある。
形も色付きも、咲くタイミングもそれぞれに違う。

珍しいものは、タマアジサイと七段という品種である。
何とも云えぬ色彩を放って、一瞬梅雨を忘れさせてくれる。

紫陽花という字からは想像できないが
アジサイの語源について何かで読んだことがる。

彩を集めると書いて、集彩(アヅサイ)と云っていたのが
いつの間にかアジサイと変わって今に至る、とあった気がする。

紫陽花と書くと、どうしても紫をイメージしてしまうが
アジサイにはいろんな色があるし、土や時間によっても変化してゆく。

やはり集彩(アヅサイ)の方が良さそうであるが、致し方ない。
まぁ、どちらにせよ美しことには変わりがないので愛でることにしよう。

キンシバイやツツジも咲き乱れているが
ビヨウヤナギは早くも種を作り始めている。

ハーブたちも花を咲かせて色を添えている。
このガーデンでは何故か育たないクレマチスが、日陰で二輪だけ咲いてくれた。

花たちも夏至を目前にして、夏の準備に忙しそうである。
十字草の陰から、早くもコスモスが顔を覗かせている。

梅雨前線は、南海上に下がったままである。
今年の梅雨はカラ梅雨なのか、これからが本番なのか。

c0156104_21155874.jpg
c0156104_21161527.jpg
c0156104_21162962.jpg
c0156104_21164179.jpg
c0156104_21165866.jpg
c0156104_21171424.jpg
c0156104_21172714.jpg
c0156104_21174080.jpg
c0156104_21175268.jpg
c0156104_21181224.jpg
c0156104_21182914.jpg
c0156104_21184538.jpg
c0156104_21192145.jpg

by lampnosizuku | 2014-06-19 21:19 | garden

梅雨もひと休み


c0156104_20561548.jpg

梅雨入りして一週間が過ぎたが
昨日と今日は青空が顔を出してくれた。

湿度もまだ余り高くないので、蒸し暑さはさほど感じない。
気温も22・3度くらいである。

ガーデンのアジサイたちが、やっと色づき始めている。
ヤマアジサイはいつも先に咲き始めて、その紫で梅雨の到来を告げている。

マーガレットたちが役目を終え、キンシバイたちとバトンタッチである。
大きく育ったアベリアがピンクの花を咲かせている。

池ではスイレンが一輪花開いてくれた。
春先に、シカ君にほとんど食べられて諦めていたが、うれしい一輪である。

ツツジも白い花をつけミツバチたちを呼び寄せている。
七段というヤマアジサイの一種が、今年も美しい透明な青で咲いている。

植木鉢ではロベリアが涼しさを演出し
凛としたカラーがガーデンに気品を添えている。

5年目の柚子が、はじめて二つ花を咲かせた。
冬には実を付けてくれるだろうか。

いよいよ梅雨も半ばになり、夏がそこまでという感じである。
おじゃま草たちも元気一杯で、草抜太郎君も休む間がない。

昨夜、ホタルの様子を見に散歩に出かけたが
今年はどうしたことか? まだ姿を現さない。上流に変化があったのかもしれない。

c0156104_20564421.jpg
c0156104_20571590.jpg
c0156104_20573041.jpg
c0156104_20574980.jpg
c0156104_20581399.jpg
c0156104_20582712.jpg
c0156104_20584642.jpg
c0156104_205988.jpg
c0156104_20592154.jpg
c0156104_20593968.jpg
c0156104_2059557.jpg

by lampnosizuku | 2014-06-09 20:59 | daily