哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


c0156104_21531733.jpg

昨日あたりから、東京では桜が満開になったらしいが
ここでは、早咲きの山桜が咲いたという状況である。

ソメイヨシノはまだ数日先になりそうであるし
しだれ桜は蕾を膨らませているが、開花はまだまだ先である。

気温も三寒四温になりつつあるが、朝晩はまだ肌寒い。
ストーブも炬燵も片付けられないでいる。

今日などは風雨がとても強く、まるで嵐の様相であった。
それでも、ガーデンの花木たちは春の訪れを喜んでいる。

木々の葉っぱたちも少しずつ羽を広げ
ガーデン全体を瑞々しい世界へと導いている。

ウグイス君が、毎日のように遊びに来て
美しい声を披露してくれる。

ヒヨドリの夫婦も挨拶に来るようになった。
ヤマバトが珍しく訪ねて来たのは、なぜだろか。

梅は、この雨ですっかり散ってしまった。桜にバトンタッチである。
あとは、美味しい梅の実を沢山つけてくれるといいが。

気温の上昇とともに、フキノトウにつられてムスカリが顔を出し始めた。
キスイセンもあちこちで咲き始めている。

オオイヌノフグリは春の光に反射して美しい。
ミズキも透き通るような黄色い花を咲かせている。

ジンチョウゲが妖しい香りを放って、立ち止まらせる。
昨年植えたハクモクレンが、その小さな体から美しい大きな花を咲かせている。

サクランボのなる木は桜桃という種類の桜である。
いっぱい花を咲かせているから、沢山の実を付けるであろう。

でも、全部サル君に食べられそうである。
せめて花だけでも楽しんでおこう。

c0156104_21535171.jpg
c0156104_2154891.jpg
c0156104_21542534.jpg
c0156104_21544238.jpg
c0156104_215501.jpg
c0156104_21551372.jpg
c0156104_21552524.jpg
c0156104_21553923.jpg
c0156104_21555563.jpg
c0156104_21561061.jpg

by lampnosizuku | 2014-03-30 21:56 | daily

なごり雪


c0156104_212934100.jpg

数日前、冷たい雨が優しい雨に変わったと喜んでいたら
今日は、雪混じりの冷たい雨が吹き荒れた。

ガーデンもうっすらと雪化粧のし直しであった。
芽を出し始めていた花木たちも、小休止である。

しかし、ここ一週間は三寒二温となってきているので
春を待ち望んでいた花たちが蕾を膨らませている。

梅もやっと五分咲きとなった。
桜はまだまだ蕾を固く閉じたままであるが。

フキノトウが顔を覗かせ、オドリコソウもちらほら咲いている。
オイヌノフグリが地面のあちこちで絵を描いている。

クロッカスもひっそりと咲き始めたし
馬酔木は美しい白い花をたわわにつけている。

アジサイがいよいよ葉芽を伸ばし始めた。
ジンチョウゲも蕾を膨らませている。

バイモユリが、律儀にもたくさんの花芽をつけてくれた。
名も知らぬ花たちも、春の到来を喜んでいるのが分かる。

クリスマスローズは何種類かあるが、名前がよくわからない。
スタッフのYさんの関係で、あの有名な横山園芸さんからいただいたのも綺麗に咲いている。

今日はお彼岸である。
だからという訳でもないであろうが・・・なごり雪が舞った。

c0156104_2130618.jpg
c0156104_21302121.jpg
c0156104_21303374.jpg
c0156104_21304612.jpg
c0156104_2131396.jpg
c0156104_21311913.jpg
c0156104_21313323.jpg
c0156104_21315098.jpg
c0156104_2132931.jpg
c0156104_21322169.jpg
c0156104_213244100.jpg
c0156104_2133220.jpg
c0156104_21333615.jpg
c0156104_21335255.jpg
c0156104_2134929.jpg
c0156104_2134211.jpg

by lampnosizuku | 2014-03-21 21:33 | daily

ウグイスの初鳴き


c0156104_11533978.jpg

気候の変化が激しくなってきている。
冬と春がせめぎ合っている。

10センチも雪が積もったかと思うと
次の日には、ポカポカと陽が差している。

そうかと思うと、今日などは春の嵐に見舞われそうである。
北陸では、もう春一番が吹いた。

昨日の陽気にすぐに反応したのか
森のウグイスが初鳴きである。

土筆はまだ芽を見せていないが、そろそろであろうか。
梅の蕾がかなり膨らんできた。

ガーデンの花木たちも、春を先取りしてざわついている。
イバラが葉芽を伸ばしているし、ミズキは透き通る黄味がかった芽を出している。

クリスマスローズがあちこちで控えめに咲いている。
スノードロップは、雪解けとともにその姿を消そうとしている。

この嵐が過ぎ去れば、いよいよ春がここを包む。
ガーデンの花木たちとの対話が楽しみである。

c0156104_1154538.jpg

c0156104_11543326.jpg
c0156104_11545172.jpg
c0156104_1155362.jpg
c0156104_11552725.jpg
c0156104_11553982.jpg
c0156104_11555352.jpg
c0156104_1156530.jpg

by lampnosizuku | 2014-03-13 11:56

c0156104_212566.jpg

一昨日の優しい雨が、ガーデンの木の芽たちを起こしたと思っていたら
昨日は、一転して強風が吹き荒れた。

おまけに今朝からは、急激に冷え込んで雪が舞っている。
ガーデンも一面の雪化粧である。

暖かいと感じる日は、まだほとんどないが
窓越しの陽射しだけは、温もりを伝え始めている。

梅の蕾も少しだけ膨らみ始めた。
春を先取りしたクリスマスローズたちは、元気に五分咲きとなっている。

桜の蕾はほんの少し顔を覗かせているだけで
寒さに縮こまっている気がする。

ガーデンの手入れが欠かせなくなってきたが
地面近くまでしゃがんでいると、春を待ち望んでいた草花たちが顔を出している。

オオイヌノフグリやクロッカス、スズランや水仙たちも輝き始めている。
イバラの葉っぱも背伸びを始めている。

土の中では、モグラくんが元気よく走り回って
ガーデンのあちこちに、小さな凸凹をいっぱい作って遊んでいる。

山の鳥たちも、遊びに来るようになっている。
こんなに寒くても、春の足音は確実に大きくなってきたようだ。

参考までに調べてみたら、「春」の語源は諸説あるようだ。

草木の芽が「張る」という意味から来たもの。
田畑を「墾る(ハル)」という意味からのもの、そして気候の「晴る」からのもの、などなど。

僕の実感からすると、やはり、草木の芽が「張る」という意味が
一番ふさわしい気がしている。

草木に限らず、人間の身体にとっても
春先は、いのちの芽を張る状態になっていると思う。

特に老人や病人にとっては、この冬から春への季節の急激な変化は
まさに、いのちを張る要注意の時期なのは言うまでもない。

春を迎えるということは、それほどまでに命懸けのことなのかもしれない。
産みの苦しみを伴った、いのちの誕生ドラマが、あちこちで展開されようとしている。

c0156104_2124288.jpg

c0156104_2125463.jpg
c0156104_213756.jpg
c0156104_2133692.jpg
c0156104_2135111.jpg
c0156104_214399.jpg
c0156104_2141661.jpg
c0156104_2142878.jpg
c0156104_2144846.jpg
c0156104_215322.jpg
c0156104_2151947.jpg
c0156104_215447.jpg
c0156104_2164100.jpg

by lampnosizuku | 2014-03-06 21:06 | daily

今年も開館しました


c0156104_1643147.jpg

予想よりも暖かい幕開けとなった。
今冬は、寒さが厳しかった割には本当に雪が少なくとても助かった。

休館中に予定していたメンテナンスも、大体終わったが
まだまだ細かい作業がかなり残っている。

年々、気力に逆らうように体力が落ちてゆくのがわかる。
少し無理をすると、すぐに身体が反応して後悔することになる。

年相応というのは個人差があるが、大体当たっているかも。
という訳でもないが、ブログの更新がままならなかった。

仕事も始まったので、体のリズムも出てくると思う。
ガーデンの手入れが欠かせなくなって来たので、体力も付けていかないと・・・。

・・・・・・・・・・・・
3/1から3/30までは、レンタルギャラリーで「おもしろ陶の雑貨展」が開催されている。
名古屋の陶芸家中島さんの新作も数あるので、楽しんでいただけると思う。

お弁当持って、春の風に吹かれに来てください。
ガーデンでは、スノードロップやクリスマスローズが美しく静かに咲いています。

c0156104_16432439.jpg
c0156104_16434024.jpg
c0156104_16435762.jpg
c0156104_16442932.jpg
c0156104_16445256.jpg
c0156104_1645961.jpg
c0156104_16452140.jpg
c0156104_16453488.jpg

by lampnosizuku | 2014-03-02 16:44 | daily