哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


c0156104_2341545.jpg

23日は、芸術の森マフィー八度目のクリスマスパーティーであった。

朝から小春日和の穏やかな日となるはずであったが
昼ぐらいから、雲行きが怪しくなり始め、パーティーが始まる頃にはみぞれがポツポツ。

それでも何とか正月飾り作りだけは間に合った。
閉会まで、みぞれが降ったり止んだり。

みんなが帰る頃には、雪に変わっていた。
名古屋からの参加者で、普通タイヤの人もいたので間に合ってホッとした。

今回は、大人ばかり21名の参加であった。
ライブ参加者が多く、時間が一時間もオーバーしてしまった。

造形タイムから自己紹介タイム、そして会食へと。
YOKOさんとFさんの手料理が、相変わらず美味しかった。

6時半から、紙芝居に続いてライブが始まる。
初参加の奏者も、温かい聴衆に助けられ・・・。

後半は、プロのミュージシャンである、鈴木さんの弾き語り
そして、柴田容子さんの弾き語りでライブの楽しさが倍増である。

最後は、Iさんの愉快なドキドキ手品でみんな童心に帰っていた。
そして、いよいよサンタさんの登場である。

サンタさんと、じゃんけん大会をしてお気に入りのプレゼントをゲット。
みんな子供のように大きな声で「最初はグー、じゃんけんホイ!」

無邪気な大人に変身したところで、お開きである。
記念撮影をし、温かで静かな夜の思い出を胸に、みんな家路についた。

c0156104_23484970.jpg

c0156104_23432180.jpg
c0156104_23435530.jpg
c0156104_2343393.jpg
c0156104_23441399.jpg
c0156104_23435817.jpg
c0156104_23443648.jpg
c0156104_23442017.jpg
c0156104_23445828.jpg
c0156104_23444645.jpg
c0156104_23452331.jpg
c0156104_2345921.jpg
c0156104_2346319.jpg
c0156104_23455086.jpg
c0156104_23462571.jpg
c0156104_23461289.jpg
c0156104_23464637.jpg
c0156104_23462874.jpg
c0156104_2347749.jpg
c0156104_23465148.jpg
c0156104_2347285.jpg
c0156104_23471266.jpg

by lampnosizuku | 2012-12-25 23:51 | ivent

早くも銀世界に包まれる


c0156104_2302562.jpg

あまりの寒さに、布団から中々這い出せなかった。
物音一つしない静寂である。

窓を開ければ、そこ一面に銀世界が拡がっているのがわかる。
予想外の積雪である。

長靴を履いて、玄関先からガーデンに出ようとするが
余りの深さに足を取られそうになる。

積雪は30~40センチはある。
まだ12月初めだというのに、いきなりの大雪である。

雪かきをしようにも、降り続く空を見上げれば無駄だとわかる。
いつもは入る除雪車も、今朝は来ていない。

外出は叶わないと諦め、今日は自宅に籠ることにした。
溜まっていた事務作業がかなりあったので、パソコンに集中したが、やはり疲れる。

明日は晴れそうであるが、雪が解けてくれないと木々たちがかわいそうである。
木々たちの雪下ろしに追われそうである。

今年の冬は、何回くらい雪に包まれるのだろうか。
せめて23日のクリスマスパーティだけは、晴れて欲しいと願わずにはいられない。

外は物音一つしない。
窓を開けたら、雪は止んでいるが・・・。

c0156104_2304562.jpg
c0156104_2305962.jpg
c0156104_2311967.jpg
c0156104_2313640.jpg
c0156104_2315686.jpg
c0156104_232695.jpg
c0156104_2321723.jpg

by lampnosizuku | 2012-12-10 23:04 | daily

氷点下な一日


c0156104_22163560.jpg

今冬一番の冷え込みとなっている。
今朝の気温は零下3度。池には薄く氷が張っている。

冷たい風が吹き付け、正午でも気温は0度であった。
その後3度まで上がったが、夜には再び零下となり雪が降り始めている。

おそらく明日の朝には、銀世界が拡がっているであろう。
昨年の初雪は、確かクリスマス明けだったので、今年はかなり早い雪である。

だが、此処ではこれが普通の冬の様子らしい。
この数年が、異常なほどの暖冬であったのだという。

2005年の大雪が思い起こされる。
50センチの積雪が2回もあった。当然外出が制限されるので不便になる。

雪かきや雪下ろしは、体験した人にしかわからないほどの重労働である。
まぁ、身体を壊しては元も子もないので、無理をしないようにすることにしている。

・・・・・・・・・・・・

本格的な冬になると、ガーデンの花たちも少なくなる。
今咲いているのは、ヒイラギとサザンカと木イチゴ、ローズマリーくらいである。

赤い実を付けているのは、マンリョウとナンテンとノイバラである。
センリョウはまだその実を現さない。

スイセンの芽があちこちに顔を出し始めているが
花が咲くのは大分先であろう。

ミズキも少しだけ芽を膨らませている。
クリスマスホーリーは若葉を伸ばしているが、赤い実が付くのかどうか定かではない。

とにかく、今冬はかなり厳しそうである。
ガーデンの花木たちも大変であろうが、春に備えて頑張って欲しい。

クリスマスまで、あと二週間足らずとなった。
少しだけ、雰囲気を演出するためにディスプレイをしてみた。

先日、菰野町のKさんから懐かしい足ふみオルガンを寄付していただいたので
カフェ内に配置して、クリスマスの演出に一役買ってもらっている。

23日のクリスマスパーティには沢山の人達に来ていただき
みんなで、温かいこころのプレゼント交換ができたらと祈っている。

c0156104_22172360.jpg
c0156104_22174241.jpg
c0156104_22175532.jpg
c0156104_2218762.jpg
c0156104_22181963.jpg
c0156104_22182812.jpg

by lampnosizuku | 2012-12-09 22:18 | daily