哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夏が始まったが・・・


c0156104_042851.jpg

梅雨の最中だというのに、昨日までは涼しくて湿度も殆どなかった。
だが、今日は一変して、朝から夏の陽射しが降り注いでいる。

気温は、初めて20度を超え、湿度も高かった。
やっと、夏の到来である。

ガーデンでは、紫陽花がほぼ満開となり
蒸し暑さを吹き飛ばすような、爽やかな光を放っている。

名古屋では、30度を超えたらしい。
クーラーを使わざるを得ないであろうが、節電は如何に?

明後日からは、大飯原発が無理やり再稼動となる。
政府や電力会社やマスコミの発表を、どう解釈するかは個人の力量にかかっている。

福島原発の事故以降、その個人の力量とやらが
各地で増幅し始めているらしい。

事故原因が、未だに解明されないままの再稼動である。
放射能の汚染が進行形で進んでいる中での再稼動である。

いろんなうわさが飛び交っているが
どうやら、電力は余っているらしい。

そうであるならば、何のための再稼動かは想像がつく。
果たして、この国の主権は誰のためにあるのか、そろそろ人々は気付き始めているのかも知れない。

奇しくも、3月から毎週金曜日に行われていた
首相官邸を取り囲む原発反対のデモが、先週は4万5千となり
今日は、それを上回る勢いであったらしい。

先週のデモを、あえて無視していたマスコミも
今日は、一斉に報道である。 何がそうさせたのか興味が湧くが、影響は大きいであろう。

誰が付けたか、この時期だから紫陽花革命というらしい。
70年安保の学生中心のデモ以来だが、参加者は子どもから老人までである。

ゲバ棒も竹竿もない、プラカードだけの平和デモである。
政治に無関心な人々が殆どであるようだが、放射能で殺されるのがいやだというわけである。

放射能がきっかけとなり、社会や政治に少しでも関心が向いてゆくならば
風前の灯である主権在民の死滅も免れるやも知れぬ。

それにしても、ネットにおける情報やツィッターの拡散は目覚しいものがある。
日を追って、既得権益を擁護するマスメディアの洗脳から、多くの人を覚醒させつつある。

病気や戦争や放射能など、死を意識せざるを得ない状況に追い込まれたとき
人は初めて、生きることを渇望し、その生の意味を問わざるを得ない。

この夏は、日本にとってかなり重要なターニングポイントとなりそうである。

c0156104_0482746.jpg
c0156104_0485769.jpg
c0156104_0493423.jpg
c0156104_050358.jpg
c0156104_0503833.jpg
c0156104_05134.jpg

by lampnosizuku | 2012-06-30 00:50 | daily

c0156104_0115257.jpg

昨日は、恒例のイベント「ホタルパーティ」であった。
心配していた雨も、何とか持ち応えてくれたので出かけることが出来た。

今年は、異常に涼しく、おまけに台風4号が襲来して川の水は増水している。
ホタルたちも随分戸惑った今年であろう。

一昨日下見に出かけたときには、10数匹が飛んでいたので
昨日の蒸し暑さで、沢山飛んでくれるものと期待したが、30匹ほどしかいなかった。

三年前が、最高に多く500匹くらいは飛んでいた。
年々少なくなってきているのだろうか、昨年は100匹くらいであった。

残念だが、川の上流辺りで何らかの異変が起きているのかもしれない。
この調子では、来年はどうなることやら・・・。

やはり、自然発生的に飛ぶホタルの数は
自然破壊のバロメーターとなる。 他人事ではないのである。

参加者の中には、生まれて初めてホタルを見るという人もいて
数少ないホタルの光にも、大きな歓声をあげていたのが救いではあった。

それにしても、年4回のイベントの中で
このホタルパーティが一番気を使うし疲れるのである。

梅雨時であるため、まず雨の心配が一番である。
雨が降れば、参加者が減って仕入れにロスが出る。

次に、みんなに喜んでもらうためにはホタルの数が気にかかる。
道中、危険な川べりを歩くので、事故が起きないか緊張するなどなど。

来年からは、ホタル鑑賞に関しては
希望者に個別に案内する方式に替えようかとも思っている。

パーティは、ライブ参加者が増えてきたこともあるので
七夕に「七夕音楽会」みたいなイベントでも開こうかと思っている。

さて、パーティーの報告である。
参加者は、なぜかキャンセルが多くて14名であった。

4時頃には、みんな集まりだし、のんびりとガーデンでくつろいだり
スタッフのYさんが指導する、造形プログラムに参加したりと、ゆっくりとした時間が流れる。
c0156104_0125285.jpg


初対面の人たちが殆どなのに、いつの間にか打ち解けて和やかに。
やはり、ここに流れる風はこころからこころへと、気持ち良く吹き抜けるらしい。

5時過ぎ辺りから、カフェに移動して自己紹介が始まる。
若者は(といっても30代)たったの二名。あとは還暦の前後左右である。

紹介が終わり、6時までバイキングディナーとドリンクで歓談。
YOKOさんとYさんが作った料理に、みんな舌鼓を打ちながら食欲は進む。

満腹した辺りで、いよいよドキドキライブの始まりである。

一番手は、初参加中国出身のランちゃん(というにはちょっと年配であるが)。
オカリナ得意の常連のKaさんのお友達である。 
Kaさんのオカリナを聴いて2週間の特訓。「咲いた咲いたチューリップ」を見事演奏する。
c0156104_014375.jpg


二番手は、Kaさんがオカリナ吹きから歌手に変身。
Sさんのギター伴奏で、「悲しい酒」を熱唱する。
間奏の台詞が入ったところで、美空ひばりから江利チエミに変身、さすが役者である。
c0156104_0151792.jpg


三番手は、初参加の鈴鹿市から来てくれたUさんの弾き語り。
夭逝した大塚博堂の曲を、渋い声で情緒たっぷりと歌い上げた。
その渋さとは裏腹に、カメラを構えて「1万人のピース」写真を取り捲るUさんは
無邪気なカメラ小僧に戻っていた。
c0156104_0155815.jpg


四番手は、初参加のKiさんである。
オカリナも得意のKiさんだが、昨日は二胡を演奏してくれた。
まだ初心者だという二胡だが、音感の良さは大したもので、将来が楽しみである。
c0156104_0165693.jpg


ここで、15分の休憩となり
まだたっぷりと残っているフードを改めて楽しむ。
c0156104_0321983.jpg


後半が始まる。

六番手は、またまた初参加のessyさんである。
essyさんはキャリアが長いらしく、あちこちのライブハウスに出演してるらしい。
PA機材も持ち込み本格的である。 オリジナルCDも制作したらしくアマゾンでも買えるらしい。
さすが、ステージぶりも落ち着いたもので、オリジナルも含め3曲弾き語りで楽しませてくれた。
c0156104_0183290.jpg



七番手は、当日急に現れたshibayoこと、シンガーソングライター柴田容子さんの登場である。
哲学舎のパーティーには5年ぶりの参加である。
「ふるさとはアジア」の作詞作曲者であり、その道では有名人である。
c0156104_0193727.jpg


おまけに、柴田容子さんの歌う生の「ふるさとはアジア」を聴くことはまず不可能である。
今回参加した人たちは、本当にラッキーだったと思う。
僕もベースで競演させていただいた。 「fry me to the moon」「summer time」「卒業写真」
に続いて、「ふるさとはアジア」の弾き語り。サビの部分をみんなで合唱する。
アンコールがあり、「ミスターロンサム」を歌ってくれ、一同大満足であった。
c0156104_0203227.jpg


八番手のトリを飾るのは、毎度お馴染みのSuさんの弾き語りである。
柴田さんの後で、少しやりにくかったと思われたが、さすがプロである。
いきなり「聖者の行進」で、みんなをSuさんワールドへ引き込んでしまう。
最後に全員で「you are my sunshine」を熱唱して、ドキドキライブが無事に終わった。
c0156104_0212392.jpg


時刻は八時。もうホタルが飛んでいる頃である。
記念撮影をして、4台の車に全員が分乗、いざ出発となった。
c0156104_0222514.jpg

by lampnosizuku | 2012-06-26 00:22 | ivent

c0156104_234498.jpg

異常な気候が続いている。
偏西風が蛇行しているせいであるらしい。 原因は分からないらしい。

もう夏至だというのに、涼しい毎日である。
梅雨入りしたというのに、蒸し暑さを感じたのは昨日だけである。

朝晩は、15度を切る涼しさである。
おかげで、喜んでいるのはウグイス君だけかもしれない。

長い春を楽しんで、毎日美しい声で鳴いてくれる。
来館された方たちも、思わぬ鳴き声にうれしそうである。

タンポポがまだ咲いているし、蝶々も飛んでいる。
でも、律儀な夏の花たちは、暦に合わせたかのように咲き始めている。

ヤマアジサイはちらほら咲いているが
普通のアジサイは、まだ蕾を膨らませたままである。

池のスイレンが一輪だけ花を咲かせている。
昨年は、シカ君に花芽を全部食べられて見られなかったが、咲いてくれて良かった。

シカ君は毎日のようにガーデンに現れている。
ギボウシが大好物だが、今年はアジサイがかなり食べられた。

合歓の木の若葉も好物のようで、必ず食べられてしまう。
池の水も飲みに来るし、シカ君には絶好の癒しのガーデンになってしまったのか。

それにしても、こんなに涼しいと、ホタル君が心配である。
例年なら、蒸し暑さの中でもう飛んでいる時期なのであるが、まだ見かけない。

24日のホタルパーティーまでは、あと一週間である。
みんなも楽しみにしているので、何とか沢山飛んでほしいのだが・・・。

c0156104_235026.jpg
c0156104_2353219.jpg
c0156104_236741.jpg
c0156104_237341.jpg
c0156104_2374110.jpg
c0156104_2381698.jpg

by lampnosizuku | 2012-06-15 23:08 | daily

c0156104_23303148.jpg

更新が随分途絶えてしまった。
パソコンの調子が芳しくなかったり、デジカメが壊れたりと・・・。

いろんな出来事も重なって、心身ともに少し疲れていたせいもある。
今日は、体調も戻って来たのでパソコンに向かっている。

デジカメはヤマダデンキで在庫処分品を格安で手に入れた。
そして、いよいよ1.5Mしか出ないADSLをあきらめケーブルに変更した。

工事が無事に終了して、スピードアップを楽しみにしていたが
思ったよりも遅いではないか。 

CTYに電話して点検に来てもらったら、結局こちらのパソコンの
CPUの問題だった。要するに古すぎて容量が目いっぱいだからパソコンを替えるしかないという。

う~ん!数ヶ月前に修理したばかりなのに・・・・。
そんなかんなで、疲れが倍増しているのかも知れぬ。

しばらくの間に、ガーデンは目まぐるしく変化している。
花の名前を詳しく書く元気が出ないので、写真から想像してみてください。

c0156104_23315156.jpg
c0156104_23324249.jpg
c0156104_23332474.jpg
c0156104_23340100.jpg
c0156104_23344210.jpg
c0156104_23351416.jpg
c0156104_23355927.jpg
c0156104_23364445.jpg
c0156104_23372868.jpg
c0156104_233813100.jpg
c0156104_2339210.jpg
c0156104_2340758.jpg
c0156104_23404738.jpg
c0156104_23413833.jpg
c0156104_23423557.jpg
c0156104_23431037.jpg

by lampnosizuku | 2012-06-07 23:43 | garden