哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


c0156104_014511.jpg

今の気温は10度を下回っている。
日中は冷たい風が吹き荒れて、まるで春の嵐であった。

いつになったら炬燵が仕舞えるのだろうか。
戸惑っているのは人間ばかりではない。
ガーデンの花や虫たちも、この異常さに戸惑っているようだ。

春と初夏が行ったり来たりの毎日が続いている。
まだタンポポやクローバーの元気がいい。

それでも、敏感に夏を先取りしている花たちもいる。
野イバラが白い花を一杯付け出したし、紫陽花も芽を膨らませている。

苗から育てた5年目のテイカカズラが、3Mまで背丈を伸ばし
美しい白い花を沢山付けている。

ジャスミンも一斉に咲きだし、甘い香りをガーデン一面に放っている。
モッコウバラやナニワイバラは新芽を伸ばすのに忙しそうである。

例年なら、チェリーセージの蜜を吸いに、ミツバチやクマンバチたちが
群がってくるのだが、今年はまだちらほら飛んでいるだけだ。

長い春を一番喜んでいるのは、鶯クンだけかもしれない。
ガーデンのあちこちの木に渡り歩いて、美声を披露している。

3Mくらいそばに僕がいても、茶色い身体を震わせて
実に美しい声で鳴くのである。

鶯の声はかなり大きいので、50Mくらい離れていても聞こえる。
だから、近くで聞く彼の声は、まるでフルートのような音色である。

来館者の方が、録音されたテープの鳴き声と間違えるほど
近くてはっきりとした鳴き声である。

この調子だと、あと2週間くらいは、彼の演奏を楽しむことが出来そうである。

6月20日にホタルを見る会を予定しているが
この調子の気候だと、今年は沢山飛んでくれるかどうか心配になる。

昨年などは、5月の半ば辺りから飛び始めていたが
今年はまだ、その姿に出会うことが叶わないでいる。

ホタルを楽しみにしているみんなのためにも
そろそろ夏に頑張って欲しいものである。
c0156104_023042.jpg
c0156104_025380.jpg
c0156104_031889.jpg
c0156104_03388.jpg
c0156104_04394.jpg

by lampnosizuku | 2010-05-28 00:05 | garden

c0156104_0331729.jpg

朝から、一日中冷たい雨が降り続いている。
昨日の暖かさに、つい炬燵を片付けようと思っていたが
バタバタしていて片付けないままにしていた。

いま、炬燵に入りながらの更新である。

梅雨入りは、まだまだ先のことではあるが
今日の雨は、梅雨本番を思わせる降り方である。
だが、蒸し暑さなど微塵もなく、肌寒い。
喜んでいるのは、カエル君たちだけか。

名古屋に住んでいた頃は、季節の移り変わりにかなり鈍感であった。
しかし、ここに住んでからは、その変化を肌で受け止めなければならない。

ましてや、花木の世話などは教科書どおりにはいかないのである。
毎日のように、彼らの表情を観察し、彼らの声を聞き取らねばならない。

自然の摂理に任せるのが、ナチュラルだという考え方もあるが
人間が手を入れた以上、責任を持って付き合わねばならないのであろう。

彼らだって、病気にもなるし、ストレスを感じることもある。
放任しておけば、人間社会と同じで弱肉強食の原理に支配される。
ガーデンにも、ルールが必要である。

ガーデン造りのルールを無視した人間の欲望のせいで
不本意な生存を余儀なくされている花木も多いであろうと思う。

だから、彼らの声に耳を傾けなければならないのである。
しかし、まだまだその声を聞き取るには、僕は未熟すぎるし経験も少ない。

とにかく、勉強と経験を積んで、このガーデンのルールを確立せねばならない。
自然はいいなぁ~などと、のんきなことを云ってはいられないのである。

草抜太郎に変身し、花木に教えられ学ぶ毎日である。

c0156104_0335826.jpg
c0156104_0342023.jpg
c0156104_0344414.jpg
c0156104_035757.jpg

by lampnosizuku | 2010-05-24 00:37 | daily

c0156104_2331125.jpg

若葉にやさしい雨が降り注いでいる。
山は毎日のように、グリーンのグラデーションで姿を変える。

哲学舎のガーデンも、今が一番美しい時期である。
木々たちの新芽が、次々にまばゆい姿でお出ましである。

鉢植えにしてある花たちも、次々に花を咲かせている。
もうダメかと諦めかけていた鉢から、新芽が伸びて
いつの間にか花を咲かせたときなどは、その生命力に感服する。

ガーデン造りを始めて五年が経過しようとしている。
セイタカアワダチソウで覆い尽くされていた荒地を
ユンボで開墾し、牛糞や石灰を施しながらコツコツ頑張ってきた成果が
少しずつ実を結び始めている。

ガーデン造りや花木に関しては、本当に無知であったが
花好きの方たちや本やネットのおかげで、少しずつだが進歩しているかもしれない。

水遣り三年と云われるらしいが、その意味がやっと分かるようになってきた。
挿し木も少しずつ覚えてきたが、まだ二割くらいは失敗する。

種から育ててみることも試みているが、こちらはまだまだのようである。
土壌が粘土質のせいか、湿度がありすぎて難しい。

牛糞や石灰を入れ、土壌改良を頑張らねばならないが
150坪ほどのガーデンを、すべて土壌改良するには経費も手間も大変である。

この土地の性質に合わない花たちは、今のところ鉢植えにして育てている。
だが、この鉢植えの管理が意外と難しいのである。

全部地植にして育ってくれるのなら、云うことはないのであるが
それは、花たちにとっても無謀なことであると、やっと分かってきたところである。

現在のところ、ガーデンでは50~60種類の花木たちが生きている。
この五月が、もっとも美しく賑やかな時期である。

・・・・・・・

今日、パソコンを修理に出していた販売店から電話があり
ハードディスクとマザーボードを全部交換しなければならないという。
データも消滅する可能性があると云われ、それは困ると申し入れたが
果たしてどうなることやら・・・。

c0156104_2332879.jpg

c0156104_23352241.jpg

by lampnosizuku | 2010-05-19 23:35 | garden

春も夏も同居して・・・


c0156104_0164620.jpg

この数日、寒の戻りと云っていいほど、寒い日が続いている。
今日は、久しぶりの五月晴れであったが
一昨日などは、朝の気温が6度であった。 3月上旬並みの寒さである。

暖かさにつられて咲き出した初夏の花たちも、戸惑っている様子である。
2月に満開となっていた水仙などは、まだ葉が青々としている。

タンポポもあちこちで咲いたままである。
クリスマスローズも、まだ美しい姿を見せている。

昨日辺りから、やっとナニワイバラが咲き出したが
野イバラは、まだ蕾を固くしたままである。

一方では、ジャスミンが白い花を咲かせ、甘い香りを放っている。
花モモが、早くも実をつけだした。

今年は短い春だと思っていたのに、ここに来て名残惜しそうに春が踏ん張っている。
颯爽として一気に登場した夏も、この寒の戻りに足踏みをしているようだ。

北海道では、春と夏が一気にやって来るというが
今年は、そんな気分を味わえる五月かもしれない。

パソコンの修理が、どうも長引きそうである。
しばらくは、手間がかかるが、古いパソコンでの更新になりそうである。

c0156104_0174843.jpg
c0156104_0181951.jpg

by lampnosizuku | 2010-05-17 00:19 | daily


c0156104_23372779.jpg

初夏がやって来たかと思っていたら、急激に冷え込む始末。
寒暖の差に戸惑うのは、人間や草木ばかりではなさそうである。

一週間前の冷たい雨に、プリンターが変調をきたした。
いろいろ試して回復を試みたが中々治らない。

そうこうしている内に、今度はパソコンがおかしくなってきた。
メーカーに問い合わせ、オペレーターの指示通りにガチャガチャ頑張ってみる。

起動したり起動しなかつたりが二日間続いて、ついにパンクである。
販売店に持込んで、修理依頼である。

どうも重症らしく、2~3週間はかかるらしい。
致し方ないことではあるが、パソコンがないと何かと不便であるのは確かだ。

毎日のように関わっていた存在が、急にいなくなることは
たとえそれが機械やモノであろうと、確かに少なからぬ衝撃がある。
携帯電話もしかりであろう。

便利な機械やモノは、最初からなかったと思えば諦めもつくが
しかし、それが人間となると、ことは重大な問題となる。

今や、日本の一年間の失踪者や蒸発者の数は、数万人に上るという。
それぞれの事情はあろうが、それにしても驚くべき数字ではある。

パソコンを修理に出しただけで、こんなことを思い出すのも実におかしな話であるが
それも昔、僕の周りでも失踪した人間がいたからである。

・・・・・・・・

なぜ、パソコンもないのに、こうしてブログの更新が出来るのかといえば
以前使っていた古いパソコンを押入れから引っ張り出し
訳のわからぬままに二日間いじっていたら、ネットに繋がったという次第である。

使わないソフトは全部削除してあるので、データ類はないのだが
ネットだけは何とか繋がるようになった。

写真を縮小するソフトが入っていないので
あの手この手で何とか縮小したが、数枚が限度である。

・・・・・・・

今日は朝から急に冷え込んでいた。
気温は10度である。
仕舞い込んだストーブに残っていた灯油で暖を取る。

ガーデンの花木たちにとっても、今年は忍耐のいる季節が続く。

c0156104_2338924.jpg
c0156104_23384515.jpg
c0156104_2339935.jpg

by lampnosizuku | 2010-05-12 23:39 | daily

c0156104_23431257.jpg

昨日は、ピザパーティのイベントの日であった。
朝から晴れ上がった空に、陽射しがまぶしいくらいであった。
藤棚の藤が、美しい紫色で輝いている。

気温は20度位まで上がったが、風は爽やかで心地よい。
数日前から準備に追われ疲れていたが、気持ちの良い風に救われた。

手造りのピザ窯で焼くのは五度目である。
毎回、なぜか炭がうまく焼けなくて、窯の温度が持続しなかった。
今回は、少し高かったが、思い切ってタドンに替えてみた。
これが正解で、一枚のピザが3分余りで見事に焼けた。

窯の火の番で忙しくしていたので、うっかりしてピザ窯やピザの写真を撮るのを忘れてしまった。
まぁ、みんな美味しいと喜んでくれたので、一安心ではあったが。

今回は、集まりが早くて、3時にはもう4組が到着していた。
4時過ぎには、ほぼ全員が勢ぞろいであった。
今回は、初参加が7名で、総勢25名であった。

4時あたりから、スタッフのYさんによる造形タイム。
今回は、水引の苗とハーブのミントを小鉢に入れておいたものを
筍の皮やハランの葉っぱなどを使って、各自が思い思いのラッピングである。
c0156104_2344695.jpg


3時から火入れをして熱くしておいた窯の温度が300度。
タドンが真っ赤になって準備完了が5時。
Kさん夫妻に助っ人を頼んで、12枚を次から次へと手際よく焼いた。

芝生や丸太のイス、グリーンテラスでのんびりと座り込んで
ピザをはじめ、料理担当のFさんが作った数々の料理を満喫する。
c0156104_23451942.jpg
c0156104_23453888.jpg


お腹も気分も満足したところで、カフェに移動してライブタイム。

一番手は、初参加の高校生I君のギターの弾き語り。
随分緊張していたが、温かい聴衆に見守られ、無事に演奏。
張りのある低音は将来有望かもしれない。
c0156104_2346764.jpg


二番手は、Mさん母子によるリコーダーの二重奏。
なかなか息の合った微笑ましい演奏が、みんなを和ませていた。
c0156104_23463468.jpg


三番手は、当日急遽編成された三人組。
Sugさんのピアノ、Kさんのオカリナ、Sudさんの歌でふるさとを熱演。
c0156104_23471127.jpg


その後、Kさんが猫の物語(題名を忘れてしまった)を朗読してくれた。
あまりの語りの上手さに、場内はシーンと聞き入って。
Kさんは日頃から、視覚障害者のために、本を朗読してテープに起す
ボランティア活動をされているから、何をか云わんやである。
c0156104_23474126.jpg


四番手は、Sugさんのピアノと僕のベースでデュオ。
場数を踏むごとに、JAZZらしくなってゆくのが楽しみである。
c0156104_23481467.jpg


そして、デュオにSudさんのヴォーカルが加わって二曲演奏。
ヴォーカルのレッスンに、頑張って通っている成果が出て来たようである。
ステージ度胸も付いて来たようだ。
c0156104_23484399.jpg


ここで15分の休憩である。

後半五番手は、M君のクラリネット独奏。
最近始めた割には、確かな音を出している。
リコーダーの経験が役に立っているようだ。
c0156104_23491097.jpg


六番手は、初参加のHさんのヴォーカル独唱。
SugさんのピアノとKさんのオカリナが急遽参加して応援する。
c0156104_23495353.jpg


その後は、声楽のレッスンを受けていたという、自慢ののどを披露。
「見上げてごらん夜の星を」を全員と合唱。
c0156104_23502069.jpg


七番手は、名古屋から遊びに来てくれた
プロのピアニスト水谷さんと僕のデュオ。
「Aトレイン」と「マイワンアンドオンリーラブ」 を演奏する。
c0156104_23504860.jpg


そして最後は、名古屋のギタリスト鈴木さんのヴォーカルが入って
「イパネマの娘」と「ムーンリバー」
盛り上がったところで、全員手拍子で「ユーアーマイサンシャイン」を合唱。
c0156104_23511740.jpg


あっという間の二時間のドキドキライブであった。

記念撮影をして、笑顔の内に散会となった。
c0156104_23515122.jpg


いつも思うのだが、みんなの来たときの顔と帰るときの顔が
不思議なくらい、表情を変える。

「久しぶりに楽しかった」 「来て良かった」 「のんびりした」
「優しい気持ちになれた」 「あたたかい気持ちに触れた」・・・

こんな言葉を聞かされると、苦労して頑張っている甲斐があるというものだ。
だが、これも僕が一人で出来ることではなく、多くの方の支援のおかげである。
感謝の気持ちを肝に銘じて、また一歩を踏み出したいものである。
by lampnosizuku | 2010-05-05 00:02 | ivent

c0156104_23362376.jpg
c0156104_23364890.jpg

珍しく抜けるような晴天が続いている。
昼間は少し汗ばむ陽気であるが、朝晩はまだまだ冷える。

明日のパーティの準備で、かなりバテてきたが
今日は、シャガール君とダヴィンチ君の満2歳の誕生日であるので
少しだけ更新することにした。

彼らも、少し大人になってきたせいか、兄弟げんかも最近は少なくなって来た。
ストレスもなく、のんびり育っているせいか、体重は5キロになっている。
このまますくすくと育ってほしいものであるが、その内に家出するかもしれない。
今のところは、僕にとっては大切なパートナーたちである。

願わくば、招き猫に変身してくれると有難いのだが・・・。

明日は、予報では快晴らしい。
美味しいピザがうまく焼けるといいのであるが。

ガーデンの花たちも、温かく参加者たちをもてなしてくれるであろう。

c0156104_23372181.jpg
c0156104_23374281.jpg

c0156104_23411059.jpg
c0156104_2341355.jpg

by lampnosizuku | 2010-05-02 23:43 | daily