哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

寒の実りたち


c0156104_156197.jpg

春を感じさせた陽射しも、この数日は寒さに遮られたようである。
節分を前にして、冬将軍健在である。

10日ほど前、痛みが治まらないので整形外科で診察を受けた。
腰と膝のレントゲン撮影をしたが、骨には異常なしであった。
原因が良く分からないまま湿布と痛み止めを処方され、数日試したが効果なしである。

水曜に知人の紹介で、名古屋の中郷スポーツマッサージに出かけた。
マッサージは初めてであったが、一時間の施術は効果ありであった。

診断は、膝の靭帯損傷、腰の異常、尻の肉離れという三重苦であった。
鍼も打ってもらったが、診療6300円は僕にはきつかった。

あと数回は通わねばならないが、効果があるので致し方ない。
ストレッチの仕方も教えてもらったので、毎日励んでいる次第である。

ガーデンに出て、沢山作業をしたいのだが、まだ無理が効かない。
身体の治癒力の合わせて、ゆっくりリハビリである。

こんな寒さの中でも、美しい姿を見せている草木たちがいる。
クリスマスローズをはじめ、センリョウ、水仙、ピラカンサス
ロウバイ、ナガバジャノヒゲたちである。

リュウノヒゲに似たナガバジャノヒゲの青い実は
まさに、寒の実りである。

c0156104_1563133.jpg
c0156104_1565257.jpg
c0156104_157198.jpg
c0156104_157472.jpg
c0156104_158561.jpg

by lampnosizuku | 2010-01-31 15:09 | daily

春の歌声が・・・


c0156104_2151312.jpg

少し暖かな陽射しが届いたと喜んでいると
夕方から、急に冷え込んでくる。

最近は、毎朝のように氷が張る寒さである。
痛みが和らいできた足腰も、夕方から痛みだす。

まだ無理ができないので、暖かい内に数時間だけ作業をしている。
予定よりずいぶん遅れているが、致し方ない。

寒さに閉口している僕を尻目に
木々たちは芽ぶきに忙しそうである。

クリスマスローズが、花芽を膨らませて春を呼んでいる。
昨日あたりから、雪柳の花芽も膨らみ始めた。

土の中では、もう春が忙しくしているようである。

c0156104_21521534.jpg
c0156104_21524876.jpg

by lampnosizuku | 2010-01-26 21:54 | daily

妖精の目覚め


c0156104_22193310.jpg

今日は、冬を忘れてしまいそうな暖かさであった。

右膝と腰の具合が、静養の甲斐あって少し回復した。
しかし、力仕事はまだ無理なようである。

炬燵に入りながら、座イスでパソコンを入力してるが
まだ15分くらいが限度である。

健康の有難さを痛感する日々である。

陽射しに誘われて、ガーデンに出てみたら
クリスマスローズが可愛いらしい顔を覗かせていた。

この花は、僕のお気に入りのひとつである。
二十数年前、偶然に花屋で見つけたグリーンの花びらに魅了された。

クリスマスローズという名も美しいが
少し下を向いて、控え目に咲いている姿が気に入っているのである。

花を見ていると、そこにいつも、妖精の姿が浮かんでくるから
不思議である。
生き様の一つを示す、グリーンサンタの静かなプレゼントだと思う。
by lampnosizuku | 2010-01-19 22:20 | daily

春の兆し


c0156104_22335323.jpg

昨日の暖かさは、一体どうしたことなのであろうか。
春を想わせる、2月下旬頃の暖かさであった。

日陰で残っていた雪も、すっかり融けてしまった。
風もなく、穏やかな陽射しに誘われてガーデンに出てみると
いつの間にか、ロウバイが妖しい黄色を放って咲いている。
日陰では、ユキノシタが透き通るようなピンクの花を咲かせている。

昨年より、ひと月ほど早い気がする。
雪が多い割には、やはり暖冬なのであろうか。

しっかりと枯れて、枯れ葉を落とす木々たちも
今冬は、まだその葉を落とせないでいる。

他の木々たちも、一斉に芽吹いている。
季節が、ひと月余りも狂っているとしか云いようがない。

しかし、明日はまた大雪の予報である。
花木たちの戸惑う声が、闇を突いて聞こえてきそうである。

足腰の痛みは、少し和らいできたが
春の兆しを感じながら、まだまだ冬眠を余儀なくされている。

c0156104_22342149.jpg
c0156104_22344396.jpg

by lampnosizuku | 2010-01-12 22:37 | daily

プチ冬眠


c0156104_2313172.jpg

凍えるような寒い日がつづいている。

大晦日から今日まで、雪がちらつかなかった日は、たったの二日間である。
昨日などは、20cmも積もった。

更新がままならなかったのが、気がかりであったが
年末に痛めた腰と膝の具合が、予想以上にひどく
静養を強いられていた。

炬燵に入ってパソコンに向かっているのであるが
座イスに座っている状態が、腰と膝には大敵であることが分かった。

今日は、幾分痛みが収まっているので、少し更新できる。
一月中は、無理をせず静養にあてるつもりである。

3月までにしなければならないメンテナンスが山積しているので、少し気も焦るが
身体の調子を整える方が大切なので、今月はゆっくりすることにしている。

まさに、プチ冬眠中である。

ダビンチ君は、寒さに強いらしく雪の中でも平気で歩き回っている。
シャガール君は、僕と一緒で寒がりである。
炬燵に入って、惰眠をむさぼっている。

c0156104_23141140.jpg
c0156104_23143856.jpg
c0156104_2315879.jpg

by lampnosizuku | 2010-01-08 23:16 | daily

c0156104_1632356.jpg

大晦日から降り出した雪は、二日半も止むことがなかった。
今朝の積雪は15センチ余り。

辺りは、真綿に包まれたような純白の世界が拡がっている。
昼頃から暖かい陽射しが届き始め、少しずつ現実に引き戻されてゆく。

雪に包まれていると、純白という言葉の意味を実感する。
己を振り返れば、この言葉が我が身に当てはまるはずもない。

人間として生き、生かされていく以上、埃にまみれざるを得ない。
しかし、人間の心にも、純白の時期があるような気がする。

おそらくそれは、母の胎内に宿されていた時期だけかも知れないが
純白の雪は、少なくとも、その遠い意識を思い起こさせてくれる。
by lampnosizuku | 2010-01-02 16:34 | daily

A Happy New Yourself


c0156104_041644.jpg

c0156104_05109.jpg

物音ひとつしない静けさである。
窓の外では、しんしんと雪が降りつづいている。

夕方から降り始めた雪が、もう7~8センチくらい積もったであろうか。
2010年の幕開けは、真白い一頁から始まろうとしている。

子どもの頃には、あんなにも嬉しかった正月。
ご馳走やお年玉や凧揚げが待ち遠しかったものである。

親族で集った元旦の恒例行事も、母が入所した昨年からなくなった。
今回も、ひとり静かに迎える元旦である。

新聞もTVもなく、凛とした自然たちに囲まれて
静寂の中で迎える新年は、格別な味わいがある。

否応なく、自分と向き合わねばならない状況となる。
まさに、哲学する正月である。

今年は、暖冬のせいなのか、木々たちの芽ぶきが早い気がする。
今朝もガーデンに出て観察していると、ほとんどの木々たちが
小さな芽を出し始めている。

自然の摂理は、人間のように間違うことがないはずであるが
今夜の雪には、木々たちもさぞかし戸惑っているであろう。

あと15分で年が明ける。
集落のお寺が打つ除夜の鐘が、静けさを突いて聞こえてくる。

新しい年も、いろんな意味合いで、多くの方たちのお役に立てる年と
なるよう祈らずにはいられない。

祈りは、意志と行いを持ちつづければ、必ず叶うものである。
今までの経験が、そう教えてくれた。

哲学舎にいろんな形で関わり、支援して下さった方たちに
こころより感謝を捧げ、今年の幕を閉じたいと思う。

いま、この瞬間、新しい年が幕を開けた。

c0156104_055215.jpg
c0156104_06116.jpg
c0156104_063153.jpg
c0156104_065186.jpg
c0156104_071124.jpg
c0156104_073136.jpg
c0156104_081183.jpg

by lampnosizuku | 2010-01-01 00:16 | daily