哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
c0156104_00191459.jpg


クマゼミが鳴いて ツクツクホウシが鳴き始めた。
雨が降らないが、風は少しだけ涼しげである。

秋の気配が忍び寄っている。
それにしても、もう何日も雨が降っていない。

水やりだけでは、ガーデンの花木たちは息も絶え絶えである。
天を仰いで雨の神様にお願いしたが、人間の都合に合わせるほど寛容ではなさそうである。

・・・・・・・

さて、あとひと月後に哲学舎で「音の楽芸会(秋)」が開催される。
9月に入っているので、さぞかし涼しくなっているであろうと思う。

お暇な方、自然の中でのんびりしたい方、練習の成果を発表したい方
ただただ演奏を聴きたい方、森の中で深呼吸をしたい方・・・・・・・。

是非お出かけください。
出演のエントリーはCメール・Eメール又はメッセンジャーでお願いします。

・・・・・・・
c0156104_00224251.jpg
音の楽芸会(秋)お知らせ

日時   9月9日(日)  13:00~17:00

場所   哲学舎

参加費  2000円(フリードリンク)

申込   メール又は 090-4185-4188 又は メッセンジャーにて  

:::::::
お暇な方はお出かけくださいませ



# by lampnosizuku | 2018-08-10 00:06 | ivent
c0156104_12564040.jpg

天に向かって、雨乞いをしたくなる酷暑が続いている。
雨が降らなくなって、もう数週間が経とうとしている。

ガーデンの水やりも朝晩30分は欠かせない。
水道代の請求が気にかかるが致し方ない。

花木たちもさすがに参っているようなので仕方がない。
なぜか、ひと月も早く栗が実を付けている。

おまけに、秋の七草の萩も咲き始めている。
天気予報はずっと晴れマークである。

各地では観測史上最高の気温が続出している。
痛ましいことに、熱中症での犠牲者も例年になく多数である。

これはもう災害と呼んでもいいくらいの出来事である。
この現象が天災なのか人災なのか? 考えるまでもあるまい。

今年はいろんな意味で、人類が試される展開が続いている。
人間の叡智を信じたいところではあるが・・・

・・・・・・・・・・・・

哲学舎の夏休みとイベントのお知らせです


夏休み

7/25~10/2   (どうしても来たい方はメールにて相談)

イベント

8/19   造形クラブねっこキャンプ

9/9    音の楽芸会(秋の調べ) 13:00~17:00

9/23   まからの森楽団公演   18:00open  19:00start

10/3~12/16   北山玲子「ばあちゃんの布あそび」展

・・・・・・・・・・・・

夏休みといっても、メンテナンス作業が山積みである。
体調管理に気をつけて、無理せずのんびりやろうと思う。

c0156104_12552606.jpg


c0156104_12553795.jpg


c0156104_12555196.jpg


c0156104_12560006.jpg


c0156104_12561037.jpg


c0156104_12561969.jpg


c0156104_12563089.jpg


c0156104_12565243.jpg


c0156104_12570367.jpg


# by lampnosizuku | 2018-07-23 12:58 | ivent


c0156104_22015113.jpg

少し早いですが要望がありましたのでUPします。
空気のおいしい森の中へ、ぜひお出かけください。
・・・・・・・・・・・・

音の楽芸会(秋)お知らせ

日時   9月9日(日)  13:00~17:00

場所   哲学舎

参加費  2000円(フリードリンク)

申込   メール又は 090-4185-4188

:::::::
お暇な方はお出かけくださいませ


# by lampnosizuku | 2018-07-04 22:03 | ivent
c0156104_00361228.jpg

23日に「ホタルをみる会」を開催した。
3時頃まで降っていた雨も何とか止み、陽射しも出て来たが。

気温は20度を切っている。
梅雨寒というらしいが、こんなことは初めてである。

蒸し暑くならないと、ホタル君も求愛力が高まらないであろうにと
心配しながらの開会であった。

今回は子どもたちの参加が多く、ホタルを見るのは初めてという子どもたち。
ガーデンでいっぱい咲いた紫陽花を見たあとは、おやつとジュースでワイワイガヤガヤ。

「ホーッ ホーッ ホータルこい!」と全員で歌ってから
シバヨーとマンボのミニライブが始まった。

静かなバラード系を予定していたが、子どもたちのために
急遽「となりのトトロ」を演奏することに。初めて歌うシバヨーも冷や汗が流れていたような・・。

ミニライブが終わって、いざ出発である。
19名の参加者が4台の車に分乗して、5分ほどで現地へ。

かなり涼しい。前日の下見より少ない感じである。
それでも律儀なホタル君たちは、みんなのために20匹くらい集まってくれた。

数年前の群舞に比べると、年々減って来ている。
近くで高速道路の工事も始まっているし、来年は心配であるが・・・。

深い木々の中でポッ ポッ と光る光景はかなり幻想的である。
光を見つけるたびに聞こえる子どもたちの声に、胸を撫で下ろす。

「少しでも見られてうれしかった」「気持ちが癒された」「また来たい」・・・
みんなを喜ばせたいと願っていただけに、そんな声に救われた。

ホタル君! ありがとう。



c0156104_22574049.jpg


c0156104_22523656.jpg



c0156104_22544710.jpg




c0156104_22515615.jpg



# by lampnosizuku | 2018-06-25 22:59 | ivent

c0156104_22153092.jpg

梅雨入り宣言が出たのに、この涼しさは何だろう?
季節はずれの台風がやって来た後は、まるで秋の気配が支配している。

今朝は気の早い赤とんぼが一匹・・・えっ!と我が目を疑った。
空は雲一つない快晴である。

もう少し気温が上がらないと、ホタル君たちも迷っているだろう。
そう思いながら、昨夜川へ様子を見に行った。

律儀なホタル君たちは、ちゃんと光の演出で迎えてくれた。
みんなにも見て欲しいと思い、「ホタルたちに会いにゆく会」を急遽開催することにした。

下記のごとくである。
ホタルの光で幻想に浸りたい方、お暇な方はどうぞお出かけください。

・・・・・・・・・・・・

6月23日(土)「ホタルたちに会いにゆく会」  雨天決行(雨でも飛んでます) 

18:30          哲学舎に集合   おやつタイム
19:00~19:30    ミニライブ :  シバヨー(pf・ vo )&マンボ(bass)
19:40~20:20    ホタルたちに会いに
20:30          解散

参加費            1500円(3歳~中学生800円)
               おやつとドリンクとライブが付いてます。

お申込み           mafy@m2.cty-net.ne.jp
               090-4185-4188 (山田)
               当日参加も可能ですが、準備の都合上ご一報くださると助かります


注意 : いたずら虫たちも飛んでいますので、虫刺され対策は各自で。
     長袖、長ズボンが望ましい服装です。


★ 紫陽花が沢山きれいに咲いているよ。

c0156104_22151061.jpg


c0156104_22145872.jpg


c0156104_22152000.jpg


c0156104_22144664.jpg


c0156104_22143493.jpg


c0156104_22142263.jpg






  














# by lampnosizuku | 2018-06-14 22:19 | ivent