哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2012年 07月 04日 ( 1 )


c0156104_22502276.jpg

梅雨前線が九州辺りを行ったり来たりしているので
この辺りまでは、来たり来なかったりである。

まとめて降ったかと思うと、次の日には快晴となるので
梅雨が明けたのかと錯覚するが、次に日にはまた降り出す始末。

やはり、梅雨明けは少し先になりそうであるが
梅雨の晴れ間の今日などは、津市で32度、ここで25度と真夏並みとなった。

だが、湿度はそれほどでもなく、夜などは本当に涼しい。
このまま短い夏で終わってくれたら、節電など必要がない気もするが。

この少し異常な気候に、ガーデンの花たちも慣れてきたのか
夏の花たちもちらほら咲き始めている。

そうかと思えば、道端にはタンポポがまた顔を出している。
ウグイス君も、毎日鳴いているので、まだ春を思い起こしてしまうほどである。

紫陽花は満開となり、年々見事になってゆく。
もう少しガーデンに紫陽花があればと思っているので、今年も挿し木を増やそうと思う。

アガパンサスも蕾を膨らませ始めた。
ハイビスカスも次々に花を咲き替えている。

台風でやられたフェイジョアが
残った枝から花を咲かせている。 大した生命力である。

クチナシが微かな香りを放ちながら
鮮やかな白を日陰で輝かせている。

ナツツバキも初めて蕾を膨らませている。
ヤマユリもシカ君に沢山食べられたが、残っていた少しだけが蕾を付けている。

それにしても、シカ君の家族(5匹)が毎日ガーデンにやって来る。
横の森に住み着いているので仕方がない。もう少しお手柔らかにしてくれると良いのだが・・・。

もうすぐ七夕。
今年は天の川が見られますように・・・。

c0156104_22523715.jpg
c0156104_22532775.jpg
c0156104_22542655.jpg
c0156104_22545957.jpg
c0156104_2255326.jpg
c0156104_2256135.jpg

by lampnosizuku | 2012-07-04 22:56 | daily