人気ブログランキング |

哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

去り行く冬の置土産


一昨日の雪が溶けない内に、また新たな積雪である。
今年は例年より積雪が多い。昨年の暮れまでは本当に暖かな暖冬であったのに。
帳尻を合わせるかのように、冬が急いだのかもしれない。
しかし、雪質は水分を含んだベタ雪である。
今朝は、朝陽に照らされた雪たちがまぶしかった。
グリーンドームのテーブルと椅子に積もった雪が、まるで真綿のクッションと
テーブルクロスのようであった。
ヒヨドリのつがいが飛んできたり、名も知らぬ山鳥がうれしそうに鳴いている。
今度こそ春のお出ましかもしれない。

桃の木に積もった真綿のような雪
c0156104_22503977.jpg


雪のテーブルクロスとクッション
c0156104_22521281.jpg

by lampnosizuku | 2008-02-24 22:52 | daily