哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ホタルも余りの涼しさに・・・

c0156104_00361228.jpg

23日に「ホタルをみる会」を開催した。
3時頃まで降っていた雨も何とか止み、陽射しも出て来たが。

気温は20度を切っている。
梅雨寒というらしいが、こんなことは初めてである。

蒸し暑くならないと、ホタル君も求愛力が高まらないであろうにと
心配しながらの開会であった。

今回は子どもたちの参加が多く、ホタルを見るのは初めてという子どもたち。
ガーデンでいっぱい咲いた紫陽花を見たあとは、おやつとジュースでワイワイガヤガヤ。

「ホーッ ホーッ ホータルこい!」と全員で歌ってから
シバヨーとマンボのミニライブが始まった。

静かなバラード系を予定していたが、子どもたちのために
急遽「となりのトトロ」を演奏することに。初めて歌うシバヨーも冷や汗が流れていたような・・。

ミニライブが終わって、いざ出発である。
19名の参加者が4台の車に分乗して、5分ほどで現地へ。

かなり涼しい。前日の下見より少ない感じである。
それでも律儀なホタル君たちは、みんなのために20匹くらい集まってくれた。

数年前の群舞に比べると、年々減って来ている。
近くで高速道路の工事も始まっているし、来年は心配であるが・・・。

深い木々の中でポッ ポッ と光る光景はかなり幻想的である。
光を見つけるたびに聞こえる子どもたちの声に、胸を撫で下ろす。

「少しでも見られてうれしかった」「気持ちが癒された」「また来たい」・・・
みんなを喜ばせたいと願っていただけに、そんな声に救われた。

ホタル君! ありがとう。



c0156104_22574049.jpg


c0156104_22523656.jpg



c0156104_22544710.jpg




c0156104_22515615.jpg



by lampnosizuku | 2018-06-25 22:59 | ivent