哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

教訓は生かされないという教訓




c0156104_23245854.jpg
今日はこのいなべ市でも、今年初の20度超えの暑さであった。
30度を超えた真夏日の地域が、あちこちであったらしい。

五月なのに七月並みの暑さとなったようである。
この数年、異常気象などは当たり前のこととなっている様相を呈している。

そのせいでもあるまいが、我が国の政治状況も異常気象そのものであろうか。
残念ながら、ジャーナリズムはその力を削がれ弱体の一途を辿っている。

このまま行けば、10年後の日本がどのように変化しているか想像がつく。
70年前の悲惨な教訓を噛みしめている世代が多数いるはずなのだが・・・。

人間は、よほど痛い目に合わないと反省しない動物らしい。
戦争経験のない権力者たちが、まさに金儲けやゲーム感覚で世界を侮っている現実は無視できない。

これだけインフラが整備され、個人が情報を取捨選択できる環境にありながら
政治に無関心であり続けるのは何故なのか。 せめて選挙権を行使して欲しいものであるが・・・。

・・・・・・・

そんな人間様の状況には関係なく
ガーデンの花木たちは自然の摂理に従って、いのちの営みをコツコツと続けている。

このひと月余りの花木たちの変化は
気温が上がるにつれ目まぐるしいものがある。

4月中旬からのガーデンの変化を見てみよう。

クリスマスローズが種作りを始めた頃、スミレやボケが咲き
ヤマブキが黄色い花を付け、姫りんごや利休梅が可愛い白い花を付ける。
c0156104_23252731.jpg


c0156104_23253860.jpg


c0156104_23255620.jpg


c0156104_23261363.jpg


c0156104_23262989.jpg


木陰ではシャガやスノーフレイクが咲き、梢では野鳥がさえずっている。
デイジーやクリピアも彩りを添え、初夏を演出している。
c0156104_23264476.jpg


c0156104_23270150.jpg


c0156104_23271724.jpg


c0156104_23273459.jpg


c0156104_23292586.jpg


フジが妖しい紫をガマズミが爽やかな白を演出している。
木陰では、苺の花やカタバミの可愛い花たちが自己主張である。
c0156104_23302015.jpg


c0156104_23304608.jpg



c0156104_23310412.jpg


c0156104_23311540.jpg


樹木ではオオデマリやコデマリが沢山の花を付け
その下でアナベルやヒメウツギなどが揺れている。

c0156104_23322693.jpg


c0156104_23324612.jpg


c0156104_23330088.jpg




片隅では、エビネやシランやナルコユリやアマドコロが控えめに自己主張である。
紫陽花やテイカカズラたちの花芽も膨らんで、夏が近いことを知らせている。


c0156104_23332717.jpg


c0156104_23342714.jpg



c0156104_23350287.jpg

こんなに素敵な時期なのに、来館者が少ないのが残念であるが
ガーデンを訪れた人は、皆一様に喜んでくれている。

c0156104_23354100.jpg


c0156104_23355623.jpg
毎朝2時間くらい、老いつつある身体に鞭打ってガーデンの手入れをしているが
ガーデンを気に入ってもらえると、その疲れも吹っ飛ぶから不思議なものである。



by lampnosizuku | 2017-05-20 23:38 | garden