哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ウグイスが鳴き・・ウグイスカグラが咲き・・ウグイス嬢が叫び・・

c0156104_22025773.jpg

数日前からウグイスが鳴き始めている。
彼らの声を聞くと、自然界の春が本番を迎えているのが分かる。

昨日は、まさに強風と大雨であった。
いわゆる春の嵐である。

満開となっていたシダレ桜は、春の嵐ににも何とか耐え
八割くらいが踏ん張ったが、花は殆どが散らされてしまった。

十分すぎるほどの雨量のせいか
雨あがりの今日は花木が一斉に賑やかさを増した。

昨年シカ君に食べられた紫陽花の若葉は
ハーブ系の煮出し汁を霧吹きで毎日ふりかけているせいか、今のところ無事である。

サル君やシカ君をはじめ、虫や動物たちも元気に活動し始めたので
仲良くするためにも気が抜けない。

やはり、春は生き物たちにとっては、いのちを喜ぶ季節なのである。
人間もしかり。いのちあることに感謝である。

ガーデンでは、春の花たちが賑やかにささやき合っている。
妖精たちも仲間に入れてもらっているようだ。

クリスマスローズが50株くらいまでに増えたので楽しみである。
来年は多くの方に楽しんでもらうために、クリスマスローズフェアでもやろうかな。

スイセンやレンギョやキンポウゲや黄梅やジャスミンなど
春を演出するイエロー軍団は今が盛りである。

リキュウバイやカリンやマーガレットやスノーフレイクやハナニラなどホワイト軍団も
かすかな香りを放って春を謳う。

ツルニチニチソウやワスレナグサやルピナスなどのパープル軍団は
日陰で存在感を増している。

他にもあちこちで、花木たちのつぶやきが聞こえてくる。

花の咲かない樹木はないという。
さて、私やあなたの内で芽を出し始めた春は
秋にはどんな実を付けるのでしょうね?

c0156104_22032472.jpg

c0156104_22034589.jpg

c0156104_22040332.jpg

c0156104_22042359.jpg

c0156104_22043676.jpg

c0156104_22045246.jpg

c0156104_22050740.jpg

c0156104_22052103.jpg

c0156104_22053535.jpg

c0156104_22070578.jpg

c0156104_22072159.jpg

c0156104_22074249.jpg

c0156104_22080070.jpg

c0156104_22081417.jpg


・・・・・・・

c0156104_22082860.jpg

5/3(祝)は 音の楽芸会&ピザパーティです。

お暇な方はお出かけください。手作り窯で焼いたピザは格別です。
おいしい空気とおいしいランチタイムのあとは
音の楽芸会で日頃の練習成果を発表しましょう。
午前11時から午後5時までの、まったりのんびりのひとときです。
演奏されない方も大歓迎。ガーデンでのんびり過ごせます。
お申し込みはお早めに。
参加費4000円 3歳〜中学生2000円 (飲食フリー)
造形タイム・・・多肉植物のオブジェ制作



by lampnosizuku | 2017-04-20 22:10