哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

なごり雪に急かされて・・・今年も開館です

c0156104_21554496.jpg



昨日の朝は、真冬並みの冷え込みであった。
ガーデンに出てみると、うっすらと白い世界が拡がっている。

寒の戻り、なごりの雪であった。
冬休みも終わり、15日は哲学舎の開館日である。

                  Mさんに支援していただいた芝生を敷く

c0156104_21560554.jpg


c0156104_21562683.jpg
                    壊れたパイプをシカよけの柵に
c0156104_21564794.jpg
メンテナンスは何とか9割方終えることができたが
身体の方はガタガタである。 

しばらくは身体のメンテナンスに集中である。
大きな怪我もなく進められたのも、Yさんをはじめ支援いただいた方たちのおかげである。

                    Yさんのオブジェ・・誰かに似てる?
c0156104_21570975.jpg
                       Kさんの石材で花壇を
c0156104_21572329.jpg

c0156104_21575370.jpg
                      井戸ポンプを利用して道しるべ
c0156104_21581490.jpg

遠くからいつも支援してくださる横浜のNさん。
芝生などを支援してくれた園芸店のMさん。
石材などを支援してくれたKさん。
この場を借りて、感謝を申し上げたいと思う。

               クリスマスローズや花もNさんのおかげで毎年増えてゆく
c0156104_21583870.jpg

c0156104_21585000.jpg

c0156104_21591616.jpg

c0156104_22005978.jpg

c0156104_22011522.jpg

c0156104_22013226.jpg

c0156104_22024769.jpg

c0156104_22030173.jpg

c0156104_22032344.jpg


残りの作業は、ゆっくりと楽しみながらやりたいと思うが
22日からは、絵画キルト作家「北山玲子」さんの小品展が始まるので、少し頑張らないといけない。

やはり、歳と共に疲れが取れにくくなってきたが
ここは、気力で頑張るしかない。

c0156104_22041767.jpg

ガーデンの花木たちは、大雪にも耐えて新芽を出し始めている。
土の中では根っ子が伸びているし、光を浴びて水はぬるんでいる。

自然の摂理は、当たり前のいのちを繰り返している。
当たり前に生きられないのは、どうやら人間だけらしい。

春の息吹から教えられる事は、大切なことばかりである。
シカ君やサル君やムシ君たちから学ぶ謙虚さを忘れないでいよう。

                   Yさんが創ってくれた河童のオブジェ
c0156104_22035699.jpg





by lampnosizuku | 2017-03-16 22:14 | garden