哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

皐月の香りに包まれるガーデン


c0156104_21585851.jpg
ブログの投稿フォームが変更されてから、新規投稿が少し億劫になっている。
以前のバージョンに親しんでいたせいかもしれない。

ソフト関連は、どうしても需要のある若い世代に照準を合わせているから仕方がないとも思うが
あまりにも1~2年という短期で更新されるのは、慣れない年寄りにはつらいものがある。

ガーデンの写真がどんどん溜まってゆくので、頑張って更新することに。

季節はまだ五月だというのに、全国のあちこちで夏日や真夏日が観測されている。
台風がひとつも発生していないことも異常である。

また今年も、観測史上初という文字が紙面を飾っている。
ここでも、例年より早く花たちが咲き急いでいる気がする。

気温が23度まで上がった日もあるが、湿度が低いせいか、朝晩はそれなりに冷え込んでいる。
まだ毛布なしでは寝られない。

昨日の記事で知ったが、名古屋のボストン美術館がついに閉館することになったらしい。
計画当初から、その運営に危惧を唱える関係者は多かったが、バブル景気の余韻で押し切った気もする。

バブル以降の経済状況は云うまでもないが、美術館などの運営は下降の一途である。
バブルで良い思いをしたアーティストたちも、殆どが意気消沈したままである。

12年前、そんな状況下で、無謀にも芸術の森マフィーを立ち上げ
哲学舎という名の美術館を開館させることができたのは、多くの支援者たちのおかげである。

その後も、来館される方を始め、様々なかたちで支援してくださる方が多く
現在まで、何とかバイトをしながら維持しているというのが現状である。

常設展だけで来館者を増やすことは、どこの美術館でも無理である。
企画展もよほどの著名作家か参加型でないと集客は無理である。

哲学舎でも、常設展やレンタルギャラリーの個展では、その関係者しか呼べないのが現実である。
来館者があるのは「絵画キルト展」と年数回のイベントだけである。

ガーデン造りを始めて11年が経ったが
最近やっと、ガーデンを観たいと言って来館される方が増えて来た。

手前味噌ではあるが、確かに心が癒されるナチュラルガーデンになってきたと思う。
毎朝の手入れは大変だが、健康維持には良い作業だと積極的に動いている。

この皐月が、一年で最も素敵なガーデンだと思うのに、残念ながら来館者が少ない。
今後は、もっとガーデンを宣伝して、美術館以外の集客も考えていかねばと・・・。

ナチュラルガーデンの花木たちの写真をどうぞ。
c0156104_21594119.jpg
c0156104_22000881.jpg
c0156104_22004483.jpg
c0156104_22010846.jpg
c0156104_22012932.jpg

c0156104_22015808.jpg
c0156104_22022590.jpg
c0156104_22033153.jpg
c0156104_22035551.jpg
c0156104_22042759.jpg
c0156104_22045537.jpg
c0156104_22051212.jpg
c0156104_22052836.jpg
c0156104_22060479.jpg
c0156104_22062189.jpg
c0156104_22064808.jpg
c0156104_22071068.jpg
c0156104_22072731.jpg
c0156104_22075702.jpg
c0156104_22082024.jpg
c0156104_22084091.jpg
c0156104_22090220.jpg
c0156104_22092856.jpg
c0156104_22094473.jpg
c0156104_22101350.jpg
c0156104_22103336.jpg
c0156104_22112018.jpg
c0156104_22105327.jpg
c0156104_22115156.jpg

c0156104_22124190.jpg
c0156104_22131855.jpg
c0156104_22120956.jpg
c0156104_22134019.jpg

by lampnosizuku | 2016-05-26 22:14 | daily