哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

X'mas Partyも終わって・・・


c0156104_23323980.jpg

今年も、あと二日を残すだけである。
23日に行われたx'mas partyの報告をと思いつつ、雑用に追われていた。

いつも年末は静かに過ぎてゆくのであるが
今年は予期せぬハプニングなどがあり、少し苦労させられた。

まぁ、何とか落ち着いて来たが
この歳になっても勉強させられることが多い。 

人間は、本来みな素晴らしい存在ではあるが
時として、どうしようもない情けない存在になりうるのは致し方ないことなのであろうか。

x'mas partyでは、自己紹介の時に、「もしもわたしが サンタさんなら?  だれにどうするか?}を
必ず答えてもらうようにしている。

ほとんど全員が、プライベートなことよりも社会や世界や苦しんでいる人々のために役立つことなどを語る。
それらの考え方や意見が、もし実現されるならば、世界は平和で素晴らしいものとなるのだが・・・。

夢や理想と現実とのギャップは、人間にとってなぜ克服できないものなのであろうか。
宗教はすべからく、人のあるべき姿を説いているのだが、開祖以外は実現できた試しがない気がする。

クリスマスは本来クリスチャンにとって、キリストの誕生を祝う日であるのに
日本では全く関係のない商戦に利用されるのがさみしい気もする。

せめてx'mas partyで、「もしもわたしが サンタさんなら?  だれにどうするか?」を問うことは
クリスマスの意味を少し考えてもらうにはいい方法かもいしれない。

4月8日の花の日も、お釈迦さんや仏教の事を考える機会にするために
オシャレな商戦を仕掛けるならば、意味ある日になるであろうに。

・・・・・・・・
x'mas partyは4時からであるが、年末のせいか集まりが遅い。
4時半頃に、やっとみんなが集まり出した。
c0156104_23333569.jpg


今年からは、コックのようこさんがいないので
スタッフのYさんと僕で、3日前から仕込みに追われていた。
c0156104_23343451.jpg

c0156104_23363185.jpg

c0156104_0102783.jpg

c0156104_0105823.jpg


受付を済ました人から、Yさんがアドバイスする造形タイム。
自然素材を使った正月飾りの自由制作である。
c0156104_23354466.jpg


準備を終えたカフェの様子。
c0156104_23371276.jpg

c0156104_0162966.jpg

c0156104_017197.jpg


5時過ぎにカフェに移動して自己紹介の始まりである。
サンタさんの帽子をいろいろ被ってしゃべりました。
c0156104_23384052.jpg


自己紹介と簡単なオリエンテーションが終わって、いよいよ楽しいディナータイム。
バタバタしていて料理の写真が前半しか撮れなかったが。

みんな初めての人もわいわいがやがやと、楽しく飲み食い。
30人分用意したのに、21人の参加であったからお腹は満腹である。

おまけに、差し入れのケーキや饅頭やお菓子などで
この日だけは、ダイエットが死語になったかも。

そして、満腹のお腹を抱えて、ドキドキライブの始まりとなった。

1番手は、いつも美味しいシフォンケーキを差し入れてくれるKaさんと
久しぶり参加のKiさんとのオカリナによるデュエット。
ぶっつけ本番に近い演奏も、聴衆の心配もよそに、最後には美しいハーモニーでまとめた。
c0156104_23425673.jpg

c0156104_23443925.jpg


2番手は、常連になって来たSaのギターインスト。
前回はハーモニカだったのに、いつのまにかギターを練習してた。
譜面を見ないで暗記してきた成果が出て、今までで一番の出来であった。
c0156104_2345787.jpg


3番手は、初参加のHaさん親子。 K君は30日に3歳となる明るい子であった。
お母さんの絵本の読み聞かせと、K君の怪獣名前当てゲーム。
舌を噛みそうなややこしい怪獣の名前を次々に当てるので、大人たちは噛みそうな舌を巻いていた。
c0156104_23455082.jpg


4番手は、3回目参加のAさんによるチェロ演奏。
いつもは早目に来て指慣らしをしているのに、今回は余裕かと思いきや。
本番では、柴田さんと僕がサポートに入ったせいか、やけに緊張していたようだ。
失敗もまた楽しで、しゃべりでカバーするあたりはさすが歳の功である。
c0156104_23462891.jpg

c0156104_041998.jpg


休憩である。
c0156104_23474852.jpg

c0156104_08147.jpg


5番手は、IdさんとHuさんのデュオに、またIdさんとHuさんのデュオに、また柴田さんと
まだ酔いが余り回ってなかったおかげ?で、今までで一番の出来であったと思う。
IdさんとHuさんと柴田さんの3人は同窓生ということもあり、和気あいあいとしたステージを披露。
c0156104_23482844.jpg

c0156104_23495015.jpg


6番手は、ジャズヴォーカリストのsachieさんの登場。
またまた柴田さんと僕とギターのスーサンがサポートに入って、スタンダードを3曲。
歳と回を重ねるごとに、歌に説得力が出てきている。
将来が本当に楽しみな存在である。
c0156104_23504420.jpg

c0156104_23511820.jpg


7番手は、スーサンのギター弾き語り。
渋い声でスタンダードを2曲と最後に聖者の行進を替え歌で。
全員で合唱と手拍子でパーティらしいムードに。
c0156104_23515595.jpg

c0156104_23523186.jpg


8番手は、飛び入りでKaさんと柴田さんが子どものK君のために
ジブリの曲をプレゼント。
c0156104_2353050.jpg


そして、最後9番手は柴田容子さんのオンステージに僕もおじゃまして。
珍しく、今日は4時きっかりに来館したのでこちらが驚いたが
何でも昼から出かけたらしく、多度大社や阿下喜温泉にも行って来たらしい。
テンションがいつもより高いのは、どこかでパワーでも注入されてきたのかもしれない。
ジブリの曲を3曲、楽しいおしゃべりを交えながら楽しませてくれた。
最後は「ふるさとはアジア」をみんなで合唱して。
c0156104_23533572.jpg

c0156104_23535725.jpg


これでドキドキライブが無事に終了。
時間が超過してるが、いよいよサンタさんの登場である。
みんなで「サンタのおじさん」を大きな声で歌って、お出迎え。

歌に合わせて、Fuさん扮するサンタさんがろうそくのついたバースデーケーキを持って登場した。
なんと、30日に3歳になるK君のためにケーキを持参してくれたのである。
c0156104_23545134.jpg


K君は訳も分からず、ろうそくの火を消していたが
プレゼントをもらって、はじめて笑顔になったあたりは素直な子供である。
c0156104_23552961.jpg


いよいよサンタさんとのジャンケン大会である。
勝ち残った人から、プレゼントが選べるというルールである。

プレゼントは500円から8000円くらいのものまであるから、みんな笑いながらも必死である。
c0156104_2356827.jpg

c0156104_235751.jpg

c0156104_23573734.jpg


優勝は初参加のNaさんであった。
不思議なもので常連さんに勝ってほしいと思っていても
なぜか初参加の方が優勝する確率は高いのはなぜだろう。
c0156104_2358877.jpg


延々と続く敗者復活戦。
最後まで負け続けたのは? 写真を見るとわかるかも?
c0156104_2359383.jpg


最後は、サンタさんを囲んでみんなで記念撮影。
c0156104_23594480.jpg


みんなの顔が、いつのまにか素直な笑顔に変わっている。
今日の気持ちを、ずっと忘れないでいてほしいと祈っている。
c0156104_002166.jpg

by lampnosizuku | 2014-12-30 00:01 | ivent