哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

曼珠沙華も散って・・・冬支度


c0156104_2124673.jpg

しばらく続いていた秋晴れも、今日はお休み。
朝から、静かな秋雨がガーデンを濡らしている。

いつもは、計ったようにお彼岸に咲く曼珠沙華が
今年は十日ほど前から咲き始め、早くも散り始めている。

曼珠沙華はいわゆる彼岸花。
サンスクリット語で天界に咲く花という意味らしい。

あの不気味な妖艶さから好き嫌いの分かれる花であるが
おめでたいことの起る前兆だとも云われている。

まぁ、モノは考えようであるからプラスに考えることにしよう。
今年は、白い曼珠沙華が初めて咲いてくれた。

赤と並んで紅白であるから、確かにめでたいかもしれぬ。
しかし、根には毒があるから要注意らしい。

いつもなら、台風が上陸するというNEWSでにぎやかな頃だが
今年は六月頃から台風が次々にやって来ていたが、九月は静かなものである。

おかげで、乾燥状態が続き水遣りが大変だったので
今日の雨は有難かった。

朝は冷え込みがだんだん厳しくなり、気温も15度を下回っている。
冷え込んで来て、ガーデンはすっかり秋の様相である。

ミズヒキはあちこちで沢山咲いてくれたが
もう色あせ始めている。 ミズヒキの白も二年目となりその量を増やしている。

昨年までは、ムラサキシキブが存在感を示していたが
今年は、挿し木したシロシキブが全部見事に沢山実をつけて、主役になりつつある。

夏の陽射しが足りなかったので、モントブレチアがほとんど咲かなかった。
キバナコスモスも例年より少ない。

カンナも咲かなかったが、フヨウは律義に咲いてくれている。
シュウメイギクも沢山花をつけた。

黄色いランタナも根を張ってくれたし
名も知らぬ花たちも、秋色でガーデンを賑わせている。

この数日の快晴を利用して、早目の冬支度を済ませた。
夜は、炬燵が欲しくなるほど冷え込みが日ごとに厳しくなってゆく。

やはり、無理とやせ我慢は効かない歳になって来たので
歳相応の備えをと、自分に言い聞かせる秋の宵である。

c0156104_2131670.jpg
c0156104_2134698.jpg
c0156104_2135915.jpg
c0156104_2141483.jpg
c0156104_2143255.jpg
c0156104_2144416.jpg
c0156104_215596.jpg
c0156104_2151934.jpg
c0156104_2153420.jpg
c0156104_2155945.jpg
c0156104_216168.jpg
c0156104_2163187.jpg

by lampnosizuku | 2014-09-24 21:07 | daily