人気ブログランキング |

哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

いづれアヤメか・・・


c0156104_2285722.jpg

相変わらず涼しい皐月が続いている。
明日は少し蒸し暑くなるらしいが、まだ暑いという感覚はない。

バイカウツギが気持ちよさそうに満開となっている。
ノイバラもアーチからはみ出しそうである。

梅雨も近づいて、イネ科の草たちが元気一杯にあちこちに顔を出す。
毎日のように草抜きをしないと追いつかない。

芝生も伸び始めたので、草刈機で刈っているが
手元が狂うと土まで削ってしまい、芝生が禿げてしまうので難しい。

今はスイセンが枯れ始めたので、草たちと一緒に抜いている。
オオバコやミツバはなかなか抜けないので、毎年苦労する。どうしてこんなに増えるんだろうか。

ノイチゴやカタバミが、黄色いかわいい花を一杯付けている。
ドクダミもそろそろ一斉に咲きそうである。

ドクダミは十字草と云って、かわいい白い十字架のような花を咲かせる。
葉っぱは、名前の如く虫刺されには抜群の効き目をあらわす。

道端では、アザミがぼんぼりの様に咲き乱れ
ヤマアジサイが蕾を膨らませている。


皐月と云えば、アヤメ科の植物たちが主役である。
ガーデンには、アイリス、アヤメ、ショウブ、キショウブ、カキツバタがある。

しかし、アイリスをのぞいて、未だにその区別が分からない。
いづれがアヤメかカキツバタと、昔から云われるほどであるから無理もない。

哲学舎を覆うキヅタが、その勢いを増している。
それに負けまいと、玄関横ではテイカカズラが一杯花を付けている。

梅雨入り前の、さわやかな皐月を楽しめるのもあとわずかである。


1Fの想い出づくりギャラリーでは、西脇守さんの個展が始まっている。
鑑賞の後に、ガーデンで風に吹かれてお弁当をいただくのも、よろしいかと。

c0156104_2295599.jpg
c0156104_22103255.jpg
c0156104_22112580.jpg
c0156104_2212332.jpg
c0156104_221252100.jpg
c0156104_22134166.jpg
c0156104_22142980.jpg

by lampnosizuku | 2012-05-24 22:14 | daily