人気ブログランキング |

哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

秋色に染まりゆくガーデン


c0156104_23411523.jpg

数日続いた穏やかな秋晴れも、今日は冷たい雨に変わってしまった。
季節は、確実に秋を深めている。

暫くの晴天を利用して、草抜きに追われていた。
梅雨時と違って、秋の草抜きは乾いている分だけ楽である。

朝の露がかなり降りるので、水遣りも鉢植えだけで済むから有難い。
朝の冷え込みは、本格的になって来た。

そろそろ、ストーブの手入れにかからねばならない。
灯油の値段が高止まりしているので、困ったものである。

以前と比べて、円高差益は還元されないままである。
一体、誰が儲けているのやら。 経世済民は、もはや死語となりつつある。

この冷え込みに合わせるかのように
ガーデンの木々たちは、葉っぱを秋色に染めている。

鉢植えの、シュウメイギクやペンタスなどは元気であるが
地植えの花たちは、種作りに忙しそうである。

イバラの実は赤みを帯びて来ているし、ヤマボウシも赤ら顔である。
キンモクセイは短い花のいのちを終えた。

ハツユキカズラはピンクに染まり
ブルーベリーも冬支度に忙しそうである。

ケヤキは落葉を始めているし
クロガネモチは赤い実をたわわに付けている。

茶の木の花が一斉に咲き始め、秋を演出している。
コスモスたちは、その役目を終えようと種作りである。

美術館の壁面に這うキヅタが、紅葉を始めて美しい。
周りの山々も、静かに色付き始め、いつの間にか秋が深まっている。

c0156104_23421948.jpg
c0156104_2343999.jpg
c0156104_23435796.jpg
c0156104_23445033.jpg
c0156104_23454445.jpg
c0156104_23464228.jpg
c0156104_23473342.jpg
c0156104_23483026.jpg
c0156104_23492668.jpg
c0156104_23501727.jpg

by lampnosizuku | 2011-10-13 23:50 | garden