人気ブログランキング |

哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ジョンレノンが生きていたら・・・



c0156104_2314218.jpg


ジョンレノンが凶弾に倒れてから、今日で30年が経つ。
あの日の衝撃は、今でも記憶の中で鮮明に生きている。

彼のナチュラルなメッセージが、人種や国境を越え
当時の世界中の人々の心の中に、自然に溶け込んでいったのは事実である。

その影響力を、心底恐れていたある勢力が
一人のファンを洗脳し、彼を暗殺させたことは容易に想像がつく。

20世紀において、世界中に平和に対する影響力を発揮した芸術家を挙げるならば
彼が第一人者ではなかろうか。

もしも、ジョンレノンが今も生きていたら(70歳である)
どんな生き方やメッセージを発信していたであろうかと思うと・・・。

少なからずも、ジョンレノンのメッセージを受け取った者の一人として
彼の夢を、少しでも前に進めることに、微力を尽くしたいと思う。

・・・・・・・・・・・・

今夜は、ひとり静かにイマジンを聴いている。

僕の好きな歌詞の和訳を、ここに紹介しておく。
今は亡き忌野清志郎が歌った「イマジン」である。

・・・・・・・・・・・・

天国は無い ただ空があるだけ
国境も無い ただ地球があるだけ
みんながそう思えば簡単なことさ

社会主義も 資本主義も
偉い人も 貧しい人も
みんなが同じならば
簡単なことさ

夢かもしれない
でも その夢を見てるのは
一人だけじゃない
世界中にいるのさ

誰かを憎んでも 派閥を作っても
頭の上には ただ空があるだけ
みんながそう思うさ
簡単なこと

夢かもしれない
でも その夢を見てるのは
一人だけじゃない
世界中にいるのさ
by lampnosizuku | 2010-12-08 23:16 | daily