哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

やっと・・・五月晴れ


c0156104_0283980.jpg

昨日までの三日間、早くも梅雨が到来かと思うほどの降り方であった。
太陽の光を待ち望んでいたのは、花たちも同様であったらしい。

今朝は鮮やかに晴れ上がった。
ガーデンに出てみてみると、みどりが眩しいくらいに輝いている。
恵みの雨となったのか、みんな背丈を伸ばしている。

もちろん、少しやっかいものの草たちも元気一杯である。
本来、雑草という名前の草はないのであるが、どうしてもそう呼んでしまうくらい勢いがいい。
彼らの生命力は桁外れに強いので、可憐な花たちの周りだけは抜いている。

少し気温が上がったので、初夏の花たちが咲き出した。
ラズベリーの可憐な姿が美しい。
マーガレットはガーデン一面に咲き乱れている。
美術館の壁を伝うキヅタもどんどん伸びている。
ツツジは満開となり、みつばちたちも嬉しそうに蜜を吸っている。
植え替えをして心配していたブドウが、若葉を出しているので秋が楽しみである。
ナニワイバラも、可憐で清楚な花を付けている。

バッタやテントウムシ、ハチやトカゲやヘビ君たちも元気に遊んでいる。
雨が多いせいか、かわいいアマガエルが今年はずいぶん増えた気がする。
c0156104_0294030.jpg
c0156104_0301571.jpg
c0156104_0303475.jpg
c0156104_0305582.jpg
c0156104_0312133.jpg
c0156104_0314387.jpg
c0156104_0321649.jpg

by lampnosizuku | 2009-05-10 00:33 | garden