哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

春が駆け足で


c0156104_2228043.jpg


風も穏やかで暖かな一日であった。
例年より数週間も早く、春がやって来たようだ。
藤原岳が抱いていた雪も、ほとんど解けてしまいそうである。

フキノトウが顔をのぞかせ、梅の蕾もほころびそうである。
冬色をしていたガーデンが、春色のグラデーションに変わって来ている。
日を追うごとに、花木たちの新芽が膨らみを増している。

シャガール君もダビンチ君も、この暖かさを喜んでいるのか
ガーデンを走り回ったり、木登りをしたりと楽しそうである。

人間にとっても、生きものたちにとっても、春を待ちわびる気持ちに変わりはない。
冬来たりなば・・・である。
苦難の道も、希望を捨てずにコツコツと歩いてゆけば
必ず道が開けると信じたいものである。

c0156104_22283053.jpg

c0156104_22285932.jpg
c0156104_22292264.jpg
c0156104_22294569.jpg
c0156104_2230835.jpg

by lampnosizuku | 2009-02-15 22:30 | garden