哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

冬が駆け足で



c0156104_0525591.jpg

紅葉もまだまだなのに、この数日朝晩は10度以下の気温が続いている。
晩秋というよりも、冬が来たという思いのほうが強い。
10日ほど前からコタツは入れ始めていたが、今日から石油ストーブを焚くことにした。
灯油の値段はガソリンほど下がらないので、節約しながら冬を越すしかない。
暖冬なら有難いが、暖冬といわれる年ほど実際は極寒の日が多いものである。

3週間前に引いた風邪が、まだ少しだけぐずついている。
歳のせいかもしれないが、体調がすぐれないと、どうも集中力に欠けてしまう。
来月はディスプレイのバイトが一番忙しい月であるので、早く完調に戻さなければと思うが。

この寒さには、仲良しの仔猫の二匹も戸惑っているようである。
何せ生まれて初めての冬。 おまけに厳しい山の冬を越さねばならない。
最近は、あまり外で遊ばなくなってきた。 
部屋の中でも10度くらいに下がるので、暖かい場所を求めて思案顔である。
もちろん、コタツの中がお気に入りだが、夜半はコタツも切るので少し可哀想ではある。
しかし、山の冬に慣れさせねばいけないので、あまり甘やかさないことにする。

それにしても、云うまでもないが、世の中は景気がどんどん悪くなりつつある。
誰のせいかは周知のごとくであるが、文句を云っても始まらないので、
知恵を働かせて自己防衛するしかないであろう。
今年も、さらに厳しい冬となりそうである。



c0156104_0513272.jpg
c0156104_0514065.jpg

c0156104_0571179.jpg

by lampnosizuku | 2008-11-01 01:10 | daily