哲学舎という名の美術館館長が綴る草想ブログ


by lampnosizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
c0156104_21593212.jpg


今年は、芸術の森マフィーの活動の一環として
音楽を通して、心のあり方に役立つことを、実践したいと考えている。

昨年末から、メンバー探しをしていたが
今年の一月末に、やっと、僕の提案に応えてくれるピアニストとヴォーカリストが見つかった。

そして3人で「まからの森楽団」を結成する。
活動はとりあえず一年間の予定である。

演奏曲目はすべてカバー曲であるが
歌詞の内容とメロディーの美しさを重視して30曲ほど選んだ。

3人とも忙しいメンバーだが、スケジュール調整しながら
練習に励んでいる。

僕は音楽の力を、信じている。

こころが折れそうになったとき、本を読む気力もなくなったとき
流れてきた音楽に救われたことが何度かある。

流れてきた歌詞に慰められ、励まされ
美しいメロディーにこころが洗われる経験を何度もしている。

「まからの森楽団」の演奏を通して
そんな体験を、みなさんに提供できたらと願っている。

・・・・・・・

3/24 是非お出かけください。



# by lampnosizuku | 2018-02-11 22:00 | ivent

c0156104_20510218.jpg


今冬は、ここに引っ越して来てから初めての厳しさである。
給湯器の水道管が凍って破裂していたのだが、二日間も気付かずにいた。

蛇口から出る水の勢いが、何だか弱いとは感じていたが
水道管が凍って、経路が細くなっているものだとばかり思い込んでいた。

朝の内は破損箇所も凍っていて、水漏れはしないが
昼頃から解凍し始めると、ダダ漏れになっていたようだ。

耳のいいスタッフのYさんが、手伝に来てくれた時
変な音がすると言って見つけてくれたのだ。

ほぼ三日間水は出っぱなしであった。
次回の水道代の請求が恐ろしいが、これも勉強である。

・・・・・・・・

今日は、本当に久しぶりの青空が拡がって風も穏やかである。
気を取り直して、やらねばならぬメンテナンスの作業に取り掛かった。

氷のような雪が積もったガーデンの木々たちも、早く雪を下ろしてくれと云ってるようで。
サンタさんも肩の荷が重そうな様子。 陽射しのある内に雪下ろしである。

軒下のつららは、まだ50センチ位に伸びている。
池の氷もまだ数センチはありそうである。

陽射しで、雪だるまくんの可愛い姿が崩れ始めたので記念写真を。
ガーデンや周りの雪の上には、シカくんやサルくんやキツネくんや〇〇くんの足跡が。

今朝は雪だるまくんの鼻にしていた柚が
サルくんの胃袋に収まったようだ。

コザルくんも沢山いるので、親ザルくんたちは必死であろうか。
その親心に共感しているのであろうか。

近所の畑で1軒だけ殆ど囲いもしないで、野菜を作っているおばあさんがいる。
サルくんに食べられるのは百も承知の上であろう。

ここのガーデンにも、柚、ビワ、柿、グミ、ブルーベリー、ヒメリンゴ、栗、カラスウリがあるが
その九割方は彼らの胃袋に収められてゆく。

彼らの生活圏にお邪魔している身としては、お互い様。
それくらいの年貢は収めないと申し訳ないと思っている。

・・・・・・・・

昨夜は、久しぶりの皆既月食であるというので
あまり性能の良くないデジカメで何となく撮ってみた。

七割方欠けたところで、雲が厚くなり始め月影は雲の奥へと。
前半で終了となったが、かぐや姫の後ろ姿を見る想いであった。

c0156104_20512259.jpg


c0156104_20513282.jpg



c0156104_20515079.jpg


c0156104_20520285.jpg


c0156104_20522077.jpg


c0156104_20523069.jpg


c0156104_20524286.jpg


c0156104_20525813.jpg



c0156104_20531578.jpg


c0156104_20564715.jpg


c0156104_20570084.jpg


c0156104_20570948.jpg


c0156104_20571974.jpg


c0156104_20572665.jpg


c0156104_20573653.jpg


c0156104_20574649.jpg


c0156104_20575779.jpg





# by lampnosizuku | 2018-02-01 21:02

c0156104_23050165.jpg
日本列島が数十年ぶりの寒波に飲み込まれている。
雪に慣れている人たちにとっても、かなりの大雪である。

雪に慣れない地域の人にとっては、この大雪は一種の災難でもある。
昨日は用事で名古屋に出かけていた。

最近の天気予報は実に当たる確率が高い。
気象衛星の発達のせいか、何でも90%以上の精度であるらしい。

名古屋もかなりの雪の予報である。
夕方から雪が舞い始めていたので、早めにと思っていたが7時過ぎに名古屋を出た。

おそらくノーマルタイヤの車がかなりいるであろうから渋滞は予測できた。
案の定、途中の坂のある橋でノーマルの車が2台動けなくなっている。

仕方なく交互通行を待ちながら100mを20分かけて通過。
やれやれと思っていたら、橋の下りでまた動かない。

待つこと20分。対向車が来ないのでおかしいと思い吹雪く外へ。
信号機の向こうに、ノーマルを追い越そうとしたノーマルのトラックが立ち往生している。

他の車はただただ静観しているのであろうか。誰も対処する気配がない。
仕方がないので、トラックまで歩いて行って誘導することにした。

ドアを開けて説明するも焦った様子もない。助手席の若者も知らんぷりである。
どれだけの人に迷惑をかけているのかも我関せずという具合である。

少し腹立たしかったが、15分かけて坂の下までバックさせて誘導。
これが現実なのか。挨拶の一言もない。

僕の数台前の先頭車には、若い女性が一人で乗っていて
声をかけた時にはスマホで時間つぶしのような仕草をしている。

仕方なく彼女も誘導して後続へと合図する。
約50分のハプニングであった。

車に戻った時には、身体は冷え切っていてブルブルと震えた。
それにしても、あれだけ沢山の車が止まっているのに、誰も出てこないとは・・・。

家の近くでも、坂道でトラックが2台動けない。
ギリギリ道路の右端を抜けて無事に到着である。

天気予報でうるさいくらい大雪の注意をしていたが
自分には関係ないと思う人たちが増えたのかもしれない。

それにしても、この数年、いろんな場所で見かける自己中心の言動が目に余る。
お互いさまの気遣いさえ、いらんお世話になってしまったようだ。

・・・・・・・・

今朝は零下6度くらいまで下がった。積雪は40センチ。
水道管が凍つたのか、お湯をかけて温めても給湯器のお湯が出ない。

雪にも閉じ込められたし、じっと静かに家で作業。
昔は給湯器などなかったと思えば、対処はどうにでもなる。

困ったときに知恵を働かせることは、楽しいことでもある。
災い転じて福となす。 見方を変えれば何とかなるものである。

先週の雪の後、陽射しに誘われたのかクリスマスローズがひと株咲いた。
負けじとスノードロップも花をつけた。

見上げれば、いつの間にかロウバイが妖艶な黄色を咲かせている。
動物たちも遊びに来ているようだし、春の足音が聞こえ始めている。


c0156104_23054052.jpg


c0156104_23055993.jpg


c0156104_23061193.jpg


c0156104_23062906.jpg


c0156104_23064006.jpg


c0156104_23065300.jpg


# by lampnosizuku | 2018-01-25 23:07
c0156104_23325752.jpg


c0156104_23524040.jpg

あと数時間で2017年が過ぎ去ろうとしている。
なんとか無事に新年を迎えられることに感謝したい。

少しずつ年老いてゆく我が身を案じる年齢になって来た。
身体は実に正直である。

気力で無理をすれば、必ず反動する。
痛みがそれを教えてくれる。

クリスマスパーティーの準備に追われ
年末のディスプレイのバイトの忙しさに追われ、今の我が身は青息吐息である。

ブログの更新をと思いつつ、体力が気力に付いていかない。
大晦日を迎え、なんとか年内にクリスマスパーティの報告をと鞭を入れる。

景気は好調らしいが、世情には少し殺伐さが漂い始めている。
この小さな地球という世界を見渡せば、悲しいかなテロや暴力の連鎖が後を絶たない。

人類は本当に進歩しているのであろうか? といつも思う。
豊かさを分かち合うために人は生まれてくるというのに。

恐怖と劣等感に苛まれた為政者たちは、豊かさを分かち合う喜びを知らない。
自然が人類に地球という豊かさを与え続けているのに、感謝することを忘れている。

山の中に住んでいると、自然に教えられることが実に多い。
自然には無駄というものがない。

地球という自然が生み出す豊かさは、動植物のいのちを保証する。
人類もその恩恵に預かっているのだが、現実は悲しい。

来年はきな臭さが現実のものとなりそうな気もする。
人類の叡智が試される年になりそうである。

僕たちは、いつまでHappy Xmasを歌い続けなければならないのか?

・・・・・・・・・・・・

12/23に行われた哲学舎のXmas Partyの 報告である。
年内に間に合わないので、コメントは後日編集するとして、とりあえず写真だけ先に・・・。

心配いしていた天候は、太陽は顔を出さなかったが、薄曇りで風も穏やかであった。
参加者たちの日頃の行いに天が報いてくれたのであろう。

3時前から三々五々集まりだした参加者たち。
受付を済ませて、スタッフYさんのガーデン造形コーナーへ。

c0156104_23332492.jpg



c0156104_23334148.jpg



c0156104_23323077.jpg


c0156104_23341605.jpg



c0156104_11153941.jpg



c0156104_23343934.jpg


c0156104_23345279.jpg


c0156104_23350946.jpg


c0156104_23352649.jpg


c0156104_23365825.jpg


c0156104_23372376.jpg


c0156104_23373789.jpg


c0156104_23375781.jpg


c0156104_23381215.jpg


c0156104_23383154.jpg


c0156104_23384309.jpg


c0156104_23390159.jpg


c0156104_23391623.jpg


c0156104_23393507.jpg


c0156104_23401680.jpg


c0156104_23402906.jpg


c0156104_23405385.jpg


c0156104_23410712.jpg


c0156104_23412077.jpg


c0156104_23413887.jpg


c0156104_23415667.jpg


c0156104_23421120.jpg


c0156104_23423274.jpg


c0156104_23425255.jpg


c0156104_23434110.jpg


c0156104_23441113.jpg


c0156104_23442443.jpg


c0156104_23444605.jpg


c0156104_23450068.jpg


c0156104_23451638.jpg


c0156104_23453172.jpg


c0156104_23454904.jpg


c0156104_23460758.jpg


c0156104_23463569.jpg


c0156104_23472089.jpg


c0156104_23473741.jpg


c0156104_23480080.jpg


c0156104_23481464.jpg


c0156104_23482700.jpg


c0156104_23484570.jpg


c0156104_23485947.jpg


c0156104_23491654.jpg


c0156104_23493425.jpg


c0156104_23495516.jpg


c0156104_23513434.jpg


c0156104_23515267.jpg


c0156104_23522470.jpg


c0156104_23524040.jpg
あと5分で間に合った・・・・みなさん素敵で良い年を迎えてくださいね。



# by lampnosizuku | 2017-12-31 23:55 | ivent

c0156104_21022305.jpg
師走に入っても小春日和が続いていたが、今朝は今冬一番の冷え込みであった。
布団の中にいても、森が冷えているのが分かる。

朝の気温は2度。いよいよ冬が本番である。
ガーデンの木々たちも、この一週間ですっかりその姿を変えた。

年々増える落ち葉たち。
その形も様々であるが、形や紅葉の仕方を観察していると、その木の性格のようなものが分かる気がする。

毎朝落ち葉を集めては焚き火である。
湿気を帯びた枯葉が、少しずつ乾燥しながら出す煙にもいろんな匂いがある。

落ち葉は腐葉土となり、灰は肥料となる。
コメもそうであるが、自然の恵みには実に無駄というものがない。

我々人間も、本来はそういう風に造られているのであろうが
残念ながら欲に駆られて無駄ばかり生きているのが現実である。

自然の摂理には敵わないにしても、彼らから少しでも学ぶことはできる。
年の瀬を控えて、我が身の有り様を振り返り、姿勢を正すには良い機会である。

・・・・・・・・・・・・

今月はクリスマスまでディスプレイのバイトに追われている。
歳と共にきつい作業は無理になっているが、何とか乗り切っている。

しかし、本当に疲れが取れにくくなっているなぁ〜。

12/8はジョンレノンの命日である。
彼のイマジンのメッセージは、今でも世界の隅々で息づいている。

c0156104_21382464.jpg
・・・・・・・・

さて、12/23(祝)は哲学舎のクリスマスパーティである。
何も予定のない人や興味のある人は、気楽に参加してくださいね。
詳しくはHPのイベントまで

c0156104_21025182.jpg


c0156104_21031920.jpg


c0156104_21033027.jpg


c0156104_21034425.jpg


c0156104_21035718.jpg


c0156104_21041242.jpg


c0156104_21042871.jpg


c0156104_21045035.jpg


c0156104_21050631.jpg



c0156104_21062193.jpg


c0156104_21063347.jpg


c0156104_21064725.jpg


c0156104_21070252.jpg


c0156104_21072493.jpg


c0156104_21073713.jpg


c0156104_21075011.jpg


c0156104_21080707.jpg


c0156104_21082288.jpg


c0156104_21083987.jpg


c0156104_21093540.jpg









# by lampnosizuku | 2017-12-06 21:11